スポンサーリンク

高速乗り放題!JH ETC二輪車ツーリングプランをちょっと詳しく見ていこう

ツーリングプランとは?

 

 

指定されたエリア内で二輪車が定額で2日間乗り降りし放題に成るキャンペーン。
今年設定されたエリアは、北海道から九州まで非常に手厚いラインナップ。
相変わらず明石~鳴門は除外されてしまったが、きっと自分にぴったりなプランも見つかる筈。

詳しいプランについてはドラプラを参照。

「E-NEXCO ドラぷら」は、高速道路やサービスエリア情報中心に、ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

利用方法

 

 

利用方法は事前に申し込みを行う。
利用可能なのは2日間。
利用回数に制限は無いので、複数回の申し込みや同時に複数コースの重複申し込みも可能。

事前に申し込まないと適用されないので、エリアだからといきなり行ってもツーリングプラン価格は適用されないので注意しよう。

また、申し込んでも走らなければ請求されないので心配無用だ。
折角申し込んだのだからと、大雨の中わざわざ高速を乗りに行く必要はないのでどうかご安心を。
キャンセル料も掛からないので、要らないならキャンセルしておこう。

申し込みはドラプラからどうぞ。

利用日の判定方法は?

利用日が5/2~5/3で申し込んだ場合。

1.利用期間内の利用...OK!

2.利用前日~利用期間内での利用...OK!

3.利用期間内~利用機関終了翌日まで...OK!

4.利用期間内~利用機関終了翌々日まで...OK!

5.利用期間内~利用機関終了の3日目以降まで...NG

6.利用前日~利用機関終了翌日以降...NG

最初に高速に乗る日、もしくは最後に高速を降りる日のいずれかが利用日内なら適用される。
ただし、利用日終了後から3日目以降は適用されない。
また、最初と最後が利用日外の場合も適用されないので、申し込みの日にちを間違えないように注意しよう。

どれくらい安く成るの?

 

 

例えば香川・徳島・高知コースの場合、対象となるのは徳島県の鳴門~高知県の須崎東までが対象と成る。

特にコレって用事は無いけど唐突に四万十川を見たく成った人が選択するコース。
高松にも寄れるのでうどん補給するのもお勧めだ。

通常、二輪車は2800円(ETC休日)
当然、帰らなきゃ成らないので往復したら5,600円。
途中で降りたらさらに割高に成るのはスマンかった。

一方、香川・徳島・高知コースの料金は2日間乗り降りし放題で3,000円と圧倒的に安い。
途中で降りてうどん屋を巡ってみたり、あるいは剣山に寄り道したり、もしくは途中で訳も無く降りてみたり、なんて事もし放題。
2日間なら3,000円ポッキリととてもお得だ。

なお、愛媛県の今治方面は愛媛・高知コースと成るので、残念ながらそちらへ足を踏み入れるなら通常料金、もしくは愛媛・高知コースの申し込みが必要だ。

他にも、西宮から福知山~敦賀を経て琵琶湖の東岸をぐるっと回って名神を通って帰ってくるコースなど、北海道から九州各地で嫌って程に高速を堪能できるコースがお値打ち価格で多数用意されている。
特に用事は無くても高速乗ってるだけで楽しいって人には堪らないキャンペーンだね。

ツーリングプランのデメリット

何事においても、メリットもあればデメリットも有る。
それはこの話しでも同様。

それは、エリア内で幾ら乗り降りしまくっても料金は変わらないが、エリア内を殆ど走らなかったとしてもこれまた料金は変わらないって事。

例えば鳴門~高松中央までしか乗らない場合、通常料金は1,170円(ETC休日)と成る。
仮にその距離、しかも片道だけしか乗らなかったとしても3,000円請求される事に成る。
だから、四国にはうどんしか興味ないよ!と言う人は申し込み前にちょっとだけ考える事をお勧めしたい。
You!それは本当にお得なプランなのかい?と。

1泊2日ツーリングには本当に使えるキャンペーン。
ETC車載器取り付けキャンペーンも今やってる最中なので、高速に乗れるバイクにお乗りの方はこの気持ちよい季節にちょっと考えてみよう。

定期的にやってる二輪車用ETC車載器購入助成キャンペーンのお知らせ。 少し前にも書いたけれど、ついに始まったのでおさらいって事で。...

用事は無くても高速乗ってるだけで楽しい物だよ。
是非この機会に!

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする