2019 MotoGPルーキータイトル争い~Rd.5:フランス ル・マン

今年のルーキーはこの4名。

20 Fabio QUARTARARO FRA Petronas Yamaha SRT Apr/1999 Moto2-10位
36 Joan MIR SPA Team SUZUKI ECSTAR Sep/1997 Moto2-6位
63 Francesco BAGNAIA ITA Alma Pramac Racing-Ducati Jan/1997 Moto2-1位
88 Miguel OLIVEIRA POR Red Bull KTM Tech 3 Jan/1995 Moto2-2位

本命はスーパールーキー=クワルタラロと唯一のファクトリーライダー=ミル。
テストでは好調だったバグナイアが続き、KTMサテライトのオリベイラは...どうだろう。
ファクトリーでさえトップクラスとは言えない状態。
そのサテライト、しかもテック3も移籍1年目の今期は流石にスズキファクトリーやドカ系トップのプラマック、M1のAスペックが提供されるSICと戦うのは、正直スマンかったと言わざるを得ないか。

総合順位 ライダー カタールGP アルゼンチンGP  アメリカスGP スペインGP フランスGP 合計ポイント
12 Fabio QUARTARARO 16(0Pt)  8(8pt)  7(9pt) 9(7pt) 24pt
16 Francesco BAGNAIA 14(2pt)  9(7pt) 9Pt
17 Joan MIR 8(8pt)  17(0pt) 16(0pt) 8pt
18 Miguel OLIVEIRA 17(0Pt) 11(5pt)  14(2pt)  18(0pt) 15(1Pt) 8Pt

ル・マンを終えた段階でのリザルト。

ミルがスタート前に終わる波乱の幕開けを迎えたル・マン決勝。
幸いにも、アブラハム坊ちゃんは終わったものの、同じく終わったかに見えたミルはどうにかスタートは切れた。
だが残念ながらノーポイントフィニッシュ。
もう一人、誰か転んでたら....。

期待のクワルタラロ。
ウォームアップでは好成績を挙げたものの、後方グリッドが響いたか序盤を苦しんでちょっと残念なら9位フィニッシュ。
前回はマシントラブル、そして今回は予選グリッド。
全てが高次元で揃わないと大きな結果に結びつかない非情な世界。
次のムジェロに期待しよう。

クワルタラロは惜しかった。
ともかく今回も本当に惜しかった。
でも、今後の可能性を大きく見せてくれる、そんな戦いだっただろうと思う。

と言う訳で、この大体コピペで済むとても楽なお話は次回イタリアGPへと続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする