頭のイメチェンは大きく印象が変わる

この前、Airoh買おうかな、自転車用だけど。

なんて話を書いたのだけど、ここ最近モーターサイクル用、つまり街乗りバイク用にAirohに切り替えた人が居る。
ついこの前までアライを被ってたのに。
この前まで、と言うよりも私と知り合って以来、そしてその遥か前からアライを被り続けてたのに。
ふと気づくと、知らない前にアイロー。
腹立ち紛れに放火したくなるくらいに泣き叫びたい気分だ。
アイロー!アイロー!!

アライからアイローに知らない間にさりげなく切り替えたもんだと思う。
事の顛末を知ったら、異端審問に掛けた後に電気按摩デストロイヤーの刑に処してる所だけども、変えちゃったモノは仕方ないか。
私がとやかく言う筋合いは無いし。
それでも言うけれど。
ああ、言わせて貰うけれどね。
なんでアライじゃ無いのさと。
なんでアイローなのさと。

ってのも、この人がつい先日まで被ってたアライのヘルメットは、私がバイクワールドだったかで買って、それを六甲山を越えて延々と同じような景色の中を走った先の山の中まで届けてあげたヘルメット。
ツーリング中、山の中の神社だったか何かの写真を撮るべくヘルメットをミラーにホイっと掛けて数十分離れた隙に盗まれたと言う、そんな悲惨極まりない目に遭った為。

無用心っちゃ無用心なんだけど、カッパかヒバゴンくらいしか住んでないような所なので、まさかヘルメットなんて盗まれるとは思ってなかったんだろうね。
私も思うわ。
そりゃもう山と畑と畑と山と山しか無い所なんだから。
シャディのサラダ館すら無い所なんだから。
まさか泥棒が出るとは思いもよらなかっただろう。
まだ天狗の仕業の方が説得力有るかも知れない。
そんな山の中だったのだから。

『山の中でヘルメット盗まれた、どうしよう』

そんな訳の解らない連絡を受けたので、人が昼寝してるってのにわざわざヘルメット買って、六甲山越えて延々と同じような景色の中をひた走って届けてあげた、って事が有ったのだ。

まぁ仕方ないよね。
シャディのサラダ館すら無い所でヘルメットなんて手に入る筈も無いし。
マクガイバーならダクトテープでこの難局を乗り切るだろうけど、そもそもダクトテープすら手に入らないのでどうしようもない。
スイカでも被って誤魔化して帰ってきなさいって訳にも行かなかったし。
そんな季節じゃ無かったし。

仕方ないか。
こんなサービスは滅多にしないんだからね、とも言わずにヘルメットを買って届けてやったのはいつの事だったか。

だが、そんなサービスは滅多にしてくれないアライのヘルメットは今や昔。
とても賑やかなデザインのAirohへと生まれ変わった。
正直、Airohはかなり格好イイ。
アライのデザインが...ちょいアレなだけかも知れないんだけど、ともかくAirohは中々に格好イイ。

でも頭が変わるってのはイメージが大きく変わるモノだね。
ベージュの靴下から薄茶色の靴下にイメチェンしました!って言われても良く解らないけれど、頭のイメチェンは大きく印象が変わる。
髄分久しぶりに大谷晋二郎を見た時と同じように、頭のイメチェンは大きく印象が変わるもんだよ。
暫く見ない間に専務取締役みたいな貫禄有る頭に成ってたものね。
ちょっと驚いたわ。
私の知ってた頃はまだ支店長くらいの頭だったのに、暫く見ない間にえらくイメチェンしたもんだと、貫禄出たもんだと。

ともかく頭のイメチェンは大きく印象が変わるモノ。
髪の毛は毛先数cmしか切らず、ヘルメットもアライしか被らない、ほぼ頭のイメチェンの無い私だけど、時にはイメチェンも悪く無いかな、とか思ったりもしてる。
かと言って、モヒカンにしたりAirohを被ったり、なんてのはきっと無いと思うけれども。
だがX-Fourteen....に関しては、まことに残念ながらこれが何とも言えない点だったりする。
ん、X-Fourteenについてはちょっと自信がない。
もしかして、頭がイメチェンする、かも知れない。
そんな胸騒ぎ。
この裏切り者め!と罵られながら電気按摩デストロイヤーの刑も甘受するかも知れない、そんな胸騒ぎ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする