ピーキー過ぎてお前にゃ無理だと金田が言ったから

6月に入ったのに、さっぱり雨の降ってない近畿地方。
特に私の住む兵庫県南部はサッパリ降ってない。
6月24日の時点で、雨が降ったのは3日だけ。
昨年、同じく6月24日の時点では10日だったので、今年は本当に雨が少ない。
このまま梅雨入りする事無く夏に成ってしまうんだろうか?

気象が大好き、気象に興味がある、といった『気象人』のためのウェブマガジン。毎日の天気図や過去の気象データなど様々な資料を閲覧できるほか、「気象人」同士のコミュニケーションの場でもあります。

等と思ってた時期が私にも有りました。
(大阪の天気)

いやぁ、やっぱちゃんと降るもんだね。
しかも極端に今度は雨ばっかり。

ちなみに6月27日は大阪でサミットが始まる日。
えらいタイミングで雨に見舞われたもんだ。

行こうよ!モトクロス!

と、こんな臭い誘われ方をされた訳では無いけれど、ちょいモトクロスに誘われている。
ご存知じゃ無い人も多いだろうし、知ったこっちゃねーよって人はもっと多いだろうけど、実は私はこう見えて意外と体が悪かったりする。
具体的にどうのこうのとは書かないけれど、まぁあんま無理したらヤバいよ、ヤバいよコレ、と医者に言われてるので、日々無理をせずに安静に生きてるのだ。
断腸の思いで昼寝しながらマクロス7を見ると言う安静なる生活を送ってるのだ。
ああ、なんて断腸。

自転車をほぼベランダでしか乗ってないのもそれが理由。
外を走る場合は心拍数の管理が難しいから。
出先で活動停止したら一大事だし。

そんな訳でモトクロスはもうやってない。
あれは体に堪えるのでもうやってない。
のだが、別に治った訳じゃ無いんだけども、この所は色んな不具合に順応しつつ有るので、ちょっと位はイイかな、とか思ったりはしてる。

まぁ色々と細々とした不具合抱えてても、意外とそれはそれと受け入れたら順応出来る事も有るもんだよ。
車やバイクも、パソコンも、そして体調だって。
不具合の程度にもよるけれどね。

流石にこれくらいの不具合を抱えてたら、順応するのはちょっと難しいけれども。

バイクは昔懐かしいYZ125を貸してくれるらしい。
私がその昔、17歳くらいの頃と二十歳くらいの頃に乗ってたバイク。
もっとも、去年買ったYZなので、エンジンもフレームも私の乗ってたYZとは別物だけどもね。
ん、名前が一緒なだけだ。

正直、なんで今頃2ストなんですか?って気は有るけれども、実売価格でYZ250Fよりも30万円程安いってのは、モトクロスごっこしてるライダーには嬉しい限りだ。
ペンペケペンペケ五月蝿いけれど。

聞く所によると大してピーキーでは無いらしい。
鉄パイプフレーム時代のYZ125しか知らないので私自身は現代のYZ125は全然知らないんだけども、オーナーが言うには大してピーキーでは無いと。

もっとも、当時のYZ125も大してピーキーだったって記憶も無いんだけどね。
その前に乗ってたYZ80に比べて。

YZ80は結構神経質だったように思う。
と思うんだけど、YZ80が始めてのモトクロッサーだったので、何がピーキーなのかさえも解ってなかった私には、特にそんな認識は無かったりするんだけど。
ピーキーって何?って当時の私には。

125に移行してからは80に乗ってないので、結局ピーキーってのはどんなモノなんすか?ってのは未だに良く解ってないのが実際の所。
きっと250Fに慣れ切った後で80に乗ればそれが実感出来るのだろうけど、残念ながらその機会は無かったのでいまいち良く解らなかった。

なお、80のピーキーさはいまいち解らなかった私だけど、調子に乗って買ったYZ250(2スト)のヤバさははっきりと解った。
あの世が薄っすら見えそうな程にハッキリと認識出来た。
世の中には分相応ってのが有るもんだと、調子乗ったらエラい目に遭うよねってのが良く解ったよ。

で、誘われてるのは今週末。
....いやぁ、めっちゃ雨なんすけど。

この晴れ続きから一転してドチャドチャに雨が降り続くピーキーな天候において、ピーキーかどうかは解らないYZ125に果たして私は乗れるのだろうか?
ほぼ一日を風呂と昼寝に費やしてる、極めて安静な私がいきなりドマディなモトクロスコースを走ると言う、そんなピーキーな所業に体が耐えれるのか?
それは.....

金田が言ったようにやっぱ止めておこうかな、とか思ったりして。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする