出るんだな、これが

モトクロスでのコーナリング。

このバンク角が一般的なのか否かはさておき、コーナーでは内側の足をピン!っと出すのが一般的なスタイル。

 

見るからに大昔のこの写真でも足は出してるので、きっと大昔からこのスタイルなんだろう。
もっともこの当時は、スピードウェイに代表される現代のフラットトラックレースでも見られるような、第三の車輪の意味合いが強いんだろうけど。
要するに、コケんように足出してるって事。

 

でも、少なくとも私が始めた時代ではそんな意味合いは無かった。
別に転ばない為に足出してた訳では無い。
そもそも、デコボコしてるコースで、足ついたら折れかねないしね。
フラットな路面ならともかく、モトクロスコースで足を接地して曲がるのはお勧めしないな。
高速コーナーでギャップに足を取られたらモゲそうになっちゃうから。
じゃぁなんで足を出してるのか、って聞かれたら、これが意外と答えに窮してしまう事も。

フロントが滑った時の保険=前言を早速撤回するけどやっぱり転ばない為だったり、リーンアウトした時に足が窮屈になるからとか、バランス取ってるとか、その辺に有り勝ちな答えでお茶を濁すしか無いのだけど、じゃぁ足出さないと曲がれないのかと言えばそんな事は無い。
現に足を出さない乗り方の人も多いので、別に足は出さなくでも良いと思う。
ある意味そっちの方が良いかもね、とさえ思ってしまう。

あ、極低速なら地面蹴ったらボテっと転ぶのを防げるけど、高速はやめた方が良いと思うよ。
滑ったからと無理して地面蹴って立て直そうとするより、素直に転んだ方がきっと良いと思うな。
ズワイガニみたいに股関節から足がモゲそうに成った人が居るので、足を着いて立て直すのは止めた方が良いとは思う。
だからやっぱり、転ばない為=地面を蹴る為に足出すってのは反対したい。

なんとなく、習慣、雰囲気、ビジュアル、それが一般的だから。
論理的に、この場合は○○、この場合は□□、だと説明するのは難しい。
まぁ、ぶっちゃけ、気持ちの問題、かな。

 

一方でモタード。
いわゆるターマックと呼ばれる舗装道路のセクションでも、モトクロスと同様に内足を出す人も少なくない。
傾向的にはどうなんだろう?
膝を出す人の方が多いのかな?

 

でも、モトクロス同様に足をバリバリに出す人も確実に存在する。
この辺は、その人がモトクロス出身かロードレース出身かで違ってくるのかも知れない。
ムササビとフクロモモンガのように、別の進化を辿った結果同じステージに立ってるものの、やっぱりちょっと違うのと似たようなもんだ。

遺伝子が違うので、一見同じでもやっぱりちょっと違う。
乗り方も違えばヘルメットも違う。
もっとも、フルフェイス被りながら足出して曲がる人も居れば、モトクロスヘルメット被りながらハングオフしてる人も居るので、遺伝子の追跡とその統計はまだまだこれからの課題なんだけどね。
特に調べる気も無いので、永遠にそれが紐解かれる事は無さそうだけど。

 

ちなみに私、ふと気づいた事が有る。
それは先日Dトラに乗った時の事。
住宅街の交差点でも用事も無いのに足出してる自分に、ふと。

やだ、アタシったら.....足がピョコってるわ、って。

 

何度も書いてるけれど、まだガキッチョだった頃、空き地(私有地)でのYZ80が私のバイク生活の原体験。
16歳で免許を取ってCBR250なんてのに乗ってたけれど、それでも私の遺伝子はモトクロスなのは違いない。
DNAはきっとデコボコしてると思う。
デコボコしてるのに愛してる。
それが私のDNA。

でも、だからとZZRやR1に乗ってる時、曲がりながら足を出したりはしない。
もっと言えば、セローでだって足出したりなんてしない。
普通にテロテロっと曲がるだけ。

ただ、FCR組んでやる気満点のDトラに乗ると、私の中のデコボコした遺伝子が目を覚ますみたい。
だからと公園や工事現場に突撃したりはしないけれど、ついつい体は反応してしまうんだろうね。
可愛いあんよが、ぴょこりと出てしまうんだろうね。
そりゃ仕方ない。
辛抱できないんだろうね。
私のDNAが。

これって、随分と前にWR250Xに乗った時にも言われた事が有る。
コーナーでいちいち足出すのな、って、後ろを走ってた人に言われた事が。

あれも、日本のモタード史上最も気合が入ったバイクだったから、ってのがその理由なんだろうと思う。
なんせ250ccのくせに80万円を超えるハイオク仕様。
気合は満点だ。
私の遺伝子をピョコらせたのは、それが原因なんだろうと思う。
反応しちゃったんだろう。
困ったDNAだ。

言われるまでそれを自覚してなかったんだけどね。
あら、アタシったら足出してたのね、って。
それくらいに自然。

 

40過ぎて美少女フィギュアに手を出したお前よりマシやで。
とは口には出さなかったけれど、なんか恥ずかしいから街乗りでは足出すのは止めておこう、と思ったもんだよ。
だがしかし。
出るんだな、これが。
困ったもんだ。
地面に引っかかって、タラバガニみたいに足がモゲないように気をつけようと思う。