二の腕芳一

男性には男性ならではのコスト負担は有るだろうけれど、女性にもまた多くのコストの負担を背負わされる事が有る。
事が有る、って言うか生きてるだけで消耗品にやたらと金がかかる。

毎日のモノから毎月のモノまで、女性は何かと物要りな訳なんだけど、ストッキングってのもまた日々の積み重ねがズシリと響いて来る。
1足500円でも、毎日履いてる人なら簡単に毎月数千円もの出費と成ってしまう事も。

たかだか500円と言っても、パッケージから出した直後、右足突っ込んだ瞬間に伝線った時には、本当にガックリと来るもんだよ。
まだ左足も突っ込んでないのに!

私の場合、有る時期以降はほぼパンツスーツで過ごしてたので、1足300円のひざ下ストッキングがメインだった。
ほぼ伝線しないし、それに伝線しても見えない所なら比較的どうって事も無いのでとても楽ちん。
パンツスーツだけどもちろん短パンじゃ無いので、見えない箇所ならちょっとくらいの伝線なんてどうと言う事は無い。
短パンにジャケット着て蝶ネクタイして麻酔針を撃ってた訳じゃ無いから、見えない箇所ならちょっとくらいの伝線なんてどうと言う事は無い。
だから特に日常的にはパンスト課金にひーこら言う事も無かったんだけどね。

掃除に使うから要らないパンストを1000円で売ってくれ。
出来れば今履いてる奴を!

と、右の本格派のような豪腕ストレートを投げつけてくる変態も過去には居たが、ともかくまぁ伝線一本でゴミに成るストッキングは何かと金掛かるよねってお話だ。
今やひざ下ストッキングすら履かないけれども。

おたふく手袋 ボディータフネス 冷感 パワーストレッチ アームカバー Lサイズ JW-618 ブラック

新品価格
¥300から
(2019/8/17 12:54時点)

外に出るときはこれを使ってる。
過去にはアンダーアーマーのアームカバーを使ってたが、外してバイクのハンドルに掛けてたら風で飛ばされ、よりにもよってゼファーのエキパイに着地してお亡くなりに成っちゃった。
で、今使ってるのがコレ。
生地は何となくアンダーアーマーとは違うけれど、だから何?って位に機能面では大差無い。
汗の発散と日焼け止めの効果に関しては特に違いは見出せない。
Hマークが入ってるかどうかって程度かな。
値段は随分違うけれどもモノ自体は大して違いは無いんじゃないかと思ってる。
腕カバーソムリエールの資格を持ってない私には良く解らないや。

パンストは伝線一本入るだけでもう履けない。
特にパンストを掃除に使ったりなんてしてないので、伝線の入ったパンストなんて用途は銀行強盗ごっこに使う程度しかない。
それでも毎日銀行強盗ごっこしてる訳では無い、ってかそもそもそんなのした事無いので丸めてゴミ箱にインするのが常と成っていた。
日々パンスト履いてた頃はね。
伝線一本でゴミ。
500円を投げ捨ててるかのように勿体無いお話だ。

でも、腕カバーならちょっとくらいの伝線はまぁ別にイイよねって思ったりはしてる。
これを使うのは、自転車乗って近所のスーパーに向かう途中だったり、セローに乗る時程度の事。
R1で半袖+腕カバーみたいな薄着は逆に凄く熱いので、R1の時はもうちょいゴツ目のジャケットを着てる。
でも自転車やセローの場合は、比較的半袖+腕カバーな事も多い。
転んだ時は危ないけれど、流石にバイク用ジャケットは降りた時が暑すぎる。

3セットを使う度に洗濯してローテーションしてるのだけど、比較的生地は厚くて強いので一般的なパンスト程では無いにせよ、だがこれも伝線も伝線の宿命からは逃れられない。
昨年買った手持ちの腕カバーの殆どは、もう既に伝線入り。

でも、セローに乗って幹線道路を走ってる最中に、あ、あの人腕カバーが伝線してるわと、そんな事態はまず起こらないから特に問題は無い。
マイク・タイソンみたいな動体視力の人はそうそう居ないだろうからまぁ問題は無いな。
ってか、知らん人にどう思われようとも何も気にしないけどね。
ジーンズの尻が真っ二つに裂けてたら流石に気にするけれどもさ。

でも流石に穴空いてるのは考え物だよなぁと、今更ながらに思ってる。
この穴空いた腕カバーを使って、炎天下を何時間かセローに乗ってた私は今更ながらに思ってる。
二の腕に虫刺されのように赤い点が出来てた私は、ヒリ痒いその小さな日焼けに後悔しながら今更ながらに思ってる。
やっぱ、この凶悪な日差しの下では、穴空いた腕カバーはマズいよねと。
穴空いた形にきれいに日焼けした二の腕を見ながら、そんな事を今更後悔してる二の腕芳一なのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする