境界線上の十面鬼

何にでも可と否の境界は確実に存在する。
ここまではオッケーだけど、これを超えたらNGだよって事が。

例えばスピード違反。
日本では、通常1km/hや2km/hオーバーで捕まったりはしない。
ヨーロッパでは有るらしいけれどね。
ツールドフランスの中継中にJ SPORTSの解説の誰かが言ってた(詳細は覚えてない)

日本の場合、街中のネズミ捕りや白バイの追尾はともかく、高速道路のオービスは40km/h超過で反応するとかって噂。
そもそも1km/hでも超過するのは悪なのだけども、現実的にはそこまで厳密には取り締まりは行われない。
杓子定規にちょっとでもオーバーしたからと捕まえてたら際限ないから。

その境界は一般的には40km/h超過と言われている。
つまり、それまでは黙認、でもそれを超えたら漏れなく赤切符&簡易裁判所送りって事だね。
反則金では無く罰金数万円ってコース。
そんな噂。

私は基本的に左側車線を制限速度で走るタイプなので関係無いのだけど、噂では+35km/hくらいまでがセーフの境界線だとか。
噂ではね。
試してみるのは余りお勧めしないけれども。

何にでも可と否の境界は確実に存在する。
ここまではオッケーだけど、これを超えたらNGだよって事が。

ただ、その境界が何かしらの基準で定められてる場合はともかく、個人のさじ加減の場合は中々に厄介な事が有る。

車にマーベルヒーローのデカール貼るのはオッケーだけど魔法少女はNGだとか。
魔法少女は良くても、半裸の小学生(18歳)はダメだとか。
その辺の中々に微妙なラインは、人によって意見が分かれるので中々に厄介な所だったりする。

中には、個人の趣味だから何を貼ろうが余計なお世話だろって寛大な人も居るかも知れない。
でも新車で買った赤いヴェルファイアに、奥様の趣味だからと男性アイドルやアジアンスター様の顔写真を勝手にベタベタと貼られたら、流石にそれを個人の趣味だからとやかく言うのはヤボだよね、とは行かないだろう。
隣の家の人なら何がどうなろうとどうでもイイ話だけど、自分の家の車ならちょっと言わずに居られない。
折角折角大枚叩いて買ったヴェルファイアが、知らない間に仮面ライダーアマゾンのラスボスみたいな事に成ってたら、ちょっと平常心では居られない。
そりゃ境界線をぶっちぎってるよと言わずに居られないな。

新車のヴェルファイアにコレが10枚貼られてたらちょっと家族会議が開かれそうだ。
個人の趣味趣向にも限度は有るだろうと。

でもこれも人によってのさじ加減。
中には十面鬼でもギリ大丈夫だよって判断する人も居るかも知れないのだから話は一筋縄ではいかない。
自分のセンスからしたら100パーNGだとしても、それが決して世界共通の基準では無いのだから。

こういう考えは改めた方が良いかも知れない。
自分の考えが必ずしも絶対的な真理とは言えないのだから。

それを踏まえた上で、やっぱ十面鬼は無いな、と思うけれども。

なお、昨今世間を賑わすアレについての可と否の境界の話なんて書かない。
面倒な事に成りそうだから。
沈黙が正しい答えだとクラピカが言ってたので私も黙っとく。

以前、何やら家庭内で軽く揉めてる人が居た。
まぁ軽くね。

揉め事の原因はバイク。
600ccから1000ccへと買い換えるに当たっての家庭内でのいざこざ。

購入する旦那さん的には、別に600も1000も大差は無いとの考え。
新車価格はモノによって違いは有れども、中古バイクならバイク次第なので値段差は有ったり無かったりする。
車種次第、バイクの状態次第で安いのから高いのまで色々だからね。

燃費もバイク次第。
400cc小さい分だけ燃費は良いのは必然だろうけど、これも必ずしもそうとは言えない。
これまた車種次第、乗り方次第って感じ。

法定費用は何も変わらない。
YZF R3から2500ccのロケット3まで一緒。
250ccと比べると違いは有るけれど、それでも2年で1万円程度の差なんだけどね。

何処のどなたかは知らないけれど、時折通りかかるお宅の玄関先に停められるバイクが、R25からR3に変わってた。 ふと気づいたらナンバーが緑枠...

もっとも、あくまで法定費用なので、タイヤやチェーンなんかの部品代では随分と差は生まれてくるんだけど。
R2とR3は変わらないけど、流石にR1は随分と違う。

ただ、CBR600RRとCBR1000RRでは、それ程に大きな差では無い。
全く無いとは言わないけれども、そんなに三日三晩悩むほどの大きな差では無い。
600も1000もコストは変わらんじゃんかと。
旦那さんの主張は非常に正しい。

でも奥様的には、そこに譲れないラインが有るんだろうと思う。
600は良いけど1000はダメだよって、ラインが。
理屈の上ではアナタが正しいのかも知れないけど、アタシの魂がNOと叫んでるのよ、って感じで。

いっそ境界線上に居るNC750で手を打っておくのはどうだろう?
とか、外野の人間は適当な事言ってたのだけど、当の本人は中々に深刻かつ切実な悩みだったりする。
なんで600は良くて1000はアカンのやと。

でも、あんまり自分の主張ばっかしてたら杓子定規にバイクは全部ダメ!
600はおろか電動パッソルさえもダメ!
ダメと言ったらダメなんですぅ!
ダメと言ったら何が何でもダメなんですぅ!!
なんて事に成りかねないので、VFR800くらいから様子を伺いながら落ち着いて交渉して欲しいなと思う。

結局、どういう経緯か1400なんてさらにハッチャケたバイクを買ったので、きっと上手いこと境界線を突破したんだろうな。
良かった良かった。
シートカウルにちょこんと貼られた1400のデカールの1の部分を隠して400ccと偽装したのかどうかは知らない。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする