2020 SBK ライダーラインナップ

KAWASAKI
Kawasaki Racing Team Jonathan Rea GBR
Alex Lowes GBR
Puccetti Kawasaki 
Xavi Fores ESP
Pedercini Kawasaki Jordi Torres ESP
Lorenzo Savadori ITA

DUCATI
Aruba.it Racing Ducati Chaz Davies GBR
Scott Redding GBR
Barni Ducati Leon Camier GBR

YAMAHA
Pata Yamaha Michael van der Mark GBR
Toprak Razgatlioglu TUR
GRT Yamaha Garett Gerloff USA
Federico Caricasulo ITA

HONDA
HONDA Alvaro Bautista ESP
Leon Haslam GBR

BMW
BMW Motorrad Tom Sykes GBR
Eugene Laverty IRL

ニューフェイスは何と言ってもスコット・レディング。
MotoGPからBSB(ブリティッシュ・スーパーバイク)を経てSBKドゥカティファクトリー入り。
人生初のプロダクションレーサーにちょこちょこ苦戦はしたけれど、それでもキッチリBSBタイトルを獲得したのは流石は元MotoGPライダーだ、流石に元々GPラーダーだね。

来期は、永遠のネクストチャンピオン=チャズ・デイビスとコンビで最強無敵の黄緑バイクに戦いを挑む。
次こそ、次こそは決めれるか。
ただ、V4初年度の今期と違い、来期はレブリミット制限が相応に課せられるので、その辺がどう影響するか。

フランス=マニクールで嬉しいキャリア初優勝を遂げたトプラック・ラズガ....は、ヤマハファクトリー入り。
ファン・デル・マー君と共に打倒黄緑師匠を誓う。

ドゥカティのV4デビューイヤーをド派手に飾ったバウティスタはホンダ入り。
苦戦の続くホンダSBKチームの救世主と成るか。

そのバウティスタぼ相棒は百戦錬磨のレオン・ハスラムに決定。
って事は、来年の8耐は久しぶりにホンダに搭乗か。
毎年ご苦労様です。

最強無敵のカワサキは、大英帝国五等勲爵士ジョナサン・レイは勿論変わらず。
相棒はアレックス・ロウズ。
ヤマハから来た良くバイクを壊してた男が最強マシンを駆る。
最近はあんまり壊してないので安心。

ただ問題は、来期のカワサキファクトリーは今期よりもさらに回転数の制限が加わるかも知れないって事。
カワサキ殺しがさらに強力に成るかも知れんって事。

移籍初年度のアレックスに取ってはとばっちりだけど、まぁそれに関してはスマンかったと言う事で。

BMWはヒゲ&ヒゲ

鯖通りと元ドゥカティ第三の男シャビ・フォレスはお帰りなさい

メランドリはさようなら

と言う訳で、ファクトリー及び有力チームはこれで出揃い。
このメンバーで2020SBKの戦いが繰り広げられる。

大英帝国五等勲爵士様を止めれるのは誰か。
次こそデイビスか、それともホンダに移籍したバウティスタか、或いはマー君、もしくは血0-ムメイトのアレックスって可能性も十分に有る。
やっぱ無理かなぁって可能性はさらに高かったりするけれども。

それは、来年のお楽しみって事でお一つ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする