コタツ切ったっけ症候群

唐突に、そして急激に。
昨日頃から何だかいきなり寒くなった兵庫県南部。
我が家の近辺。
先週は車のクーラーつけてたのに。
急激にえらく寒くなったもんだ。

寒くなると恋しいのが、あずきのチカラとコタツ。

桐灰化学 あずきのチカラ 首肩用 100% あずきの天然蒸気 チンしてくり返し使える 1個

新品価格
¥1,220から
(2019/11/29 19:38時点)

そろそろ出すか。
そろそろコタツを出そうか。

堪らんくらいの魅力、魔力と言えるかも知れない恐ろしいパワーを持ったアイテム。
人を暗黒面へと堕す恐ろしいパワーを持ったアイテム。
それがコタツ。
ただ、部屋の景色が一気に所帯じみてしまうのがちょっとした難点。
別に建築雑誌の見開きページのような生活を目指してる訳では無いんだけどね。
でも、基本的に何も置いてない殺風景な部屋に、コタツはちょっとなぁ.....
と、何時も思いながら結局は出してしまうのは、コタツの持つ恐ろしい魔力って奴なんだろう。
キング・オブ・ダークネスな暗黒パワー所以の事なのだろう。
コタツ....恐ろしい子。

コタツと言えば、本日のお題の通り、私にはもう一つの大きな問題を抱えている。
それは、コタツ切ったっけ症候群

別にコタツで無くても、玄関の鍵でも角煮を煮込んでるガスでも何だって構わないんだけど、良く起こるのがコタツ。
角煮なんてそうそう作らないし。
パソコンなんて基本つけっぱなし、冷蔵庫なんて太っ腹に365日フル稼働させてるので、コタツもつけっぱなしだから何よ?って話しかも知れないけれど、やっぱり電気代だったり安全性だったりを考えると、留守中はコタツは切っておきたい。
帰宅したら家は消し炭だった、なんて悲劇に見舞われないように。
そんな事が起こるのかどうかは別の話として。

切ったっけ?
切ったよね?
多分切ったよね?
多分って何なのさ?
多分は多分、多分大丈夫だよ多分。

そんな心配性な方の為に、タイマー付きコンセントってのが有る。

リーベックス(Revex) コンセント タイマー スイッチ式 簡単デジタルタイマー PT70DW

新品価格
¥1,299から
(2019/11/30 07:11時点)

昔ながらのダイヤル型だけでなく、最近はこんなデジタルタイマーなんてのも有る。
コレを使えばコタツのスイッチを切ったっけ?と思い悩む事は無い。
コタツ切ったっけ症候群なんて過去のものと成る。

ただ新たに、タイマーコンセントをセットしたっけ症候群とか、あのタイマーコンセントってちゃんと作動するのかな症候群に罹患する可能性も有る。
そんな場合は...もうコタツなんて捨てちまえ!とでも言っておこうかと、そんな事をコタツに潜りながら書いてみたり。
うん、こんな話書いてると、コタツコタツと書いてると、どうにもこうにもコタツを出したくなったので途中でコタツセットしてしまったのさ。
それがコタツの魔力。
コタツ....恐ろしい子。
堕してしまいそうだ。

ちなみに堕す(だす)と読む。
暗黒面に堕した人を堕すベイダーと呼ぶのはそれが語源。

先日、R1のオイル交換をした。
カウルが有るのでまぁまぁ面倒くさいけれど、残念ながら誰もタダでやってくれないので自分でやってた。
幸いにして、昔のフルカウルのバイクみたいに、一度カウルを外したら二度と元通りに付かない、なんて事は無いしね。
今時のバイクはキッチリ作られてるもんだと思う。
尻からサイレンサー生えてる世代のR1が今時のバイクか否かについてはアレとして。

そそくさとオイル交換を済ませ、エンジンの下回りをパーツクリーナーで洗い流し、カウルを戻して完成。
やっぱり、すんなりとカウルが付くって素晴らしい。
大昔に自分で組んだCBR250Rはともかく、1990年代半ばの3XVでもここまでキッチリ付かなかったものだけど、流石に21世紀のフルカウルはほぼ隙間も歪みも無くちゃんと付く。
今回はアンダーカウルだけど、アッパーカウルまで外しても何事も無くちゃんと付く。
当たり前っちゃ当たり前だけど、カウル付けるだけで右へ左へ右往左往してたあの頃とは隔世の感を禁じ得ないね。
って、まぁそんな大袈裟な話でもないんだけど。

オイル交換を済ませた私が向かったのは阪神高速。
この後、ちょい人と会う用事が有ったので阪神高速へ。
用事が有るならオイル交換するなよって思うかも知れないが、オイル抜いてる途中でその用事が出来たんだから仕方ないじゃ無いか。
トイレ入ってる最中に宅配便が来るくらいに仕方ないじゃないか。
ジョボジョボ出てる最中に都合よく止めれないんだから。

阪神高速のゲートを通り、合流の為右ウインカーを出した瞬間、私の頭にとんでもない思いが湧き上がった。
....ドレンボルト、ちゃんと締めたっけ?

私は思い返した。
今日の、否、つい数十分前の自分の行動を思い返した。

締めたっけ?
ドレン締めたっけ?
締めたよね、ちゃんと締めたよね。
抜かりの無い私なのでちゃんと締めたよね。
下の方はキュっと締まってる私だからドレンボルトだってキュっと締めたよね。
多分締めたよね。
た....多分。

でも今更どうにも確認できない。
つま先に鏡でも付けてないと阪神高速を走りながらバイクの下回りなんて確認出来ない。
でも、昭和の中学生男子の夢を具現化したような鏡付きの靴なんて持ってないのでそんな事言っても仕方ない。
嗚呼、鏡を付けて来れば良かった、ミニにタコが出来れば良かった。
なんて考えても後の祭り。
ってか、そんな事してるならドレンボルトをちゃんと確認しとけよって話だ。

そんな悶々とした話を、今はさらに場所が変わってイケアのレストランでコレを書いてる。
書き始めは狭い自室のデスクトップ。
その後、唐突にコタツを出してリビングのコタツに潜ってノートPCで。
そんな事してると友人ファミリーからお誘いを受けて神戸のイケアへ。
どうせ私は何時もの吸盤付きブラシしか買わないから、買い物は勝手に行って来なと私はレストランに陣取ってタブレットでコレ書いてる。
ラジエーター液みたいな謎のドリンクを飲み放題しながら。

いやぁ、便利な世の中に成ったもんだね。
時代はブリブリと進んだもんだよ。

そんな私が今思ってる事は勿論。
....コタツ、切ったっけ??

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする