フロントアップ

https://youtu.be/3nipdQQo6Kk

普通に街中を走る場合、特にバイクのフロントを上げる必要なんて無い。
否、逆に公道でこんな事やってたら怒られるかも知れない。
でも、林道を走るならば出来なきゃちょっとね、って基本スキルだろう。

倒木や、雨水の流れた跡の溝や、何か良く解らない物や、色々と出くわす林道において、フロントを自由にかつ安全に上げれないと非常に都合が悪い。
その度に降りてバイク押したり持ち上げたりって、それは現実的では無いので、フロントをスっと上げて目前の障害物をクリアしなきゃ成らない。
林道ではね。
それが普通。
かっぱ寿司の店長がカッパ巻きを作れるくらいに基本的なスキル。
林道を走るなら出来なきゃちょっと都合が悪い。

 

以前にも何度も書いてるように、私はガキッチョの頃からモトクロッサーに乗っている。
そして、以前にも何度も書いてるように、主に乗ってた所はバイクに乗るにはとても狭い空き地(私有地)だった。
そうそうコースにも行けないのでもっぱら空き地(私有地)
本気でジャンプしたら柵を飛び越して家の玄関に突っ込むレベル。

だがそんな狭い所でも、ターンの練習も出来れば80ccなら小さなジャンプの練習も出来る。
フロントアップの練習程度なら何不自由なく出来る。
250ccを乗り回すには余りに狭いが、80ccくらいなら十分に使える。
元は巨大な重機を何台も置いてた土地なのでそれくらいは乗れるさ。

 

と言う訳で、モトクロスには大して関係ないような気もするんだけど、フロントアップやウイリーの練習って良くやってた。
練習と言うか遊びと言うのか。

だが、基本的に林道には行かないので特にコレと言って役に立つ場面はそうそう無い。
道端にウナギが歩いてたとか、前を走る車がバナナの皮を投げてきたとか、そんな場面に遭遇した事は無いので特にコレと言って役に立った経験は無い。
とあるパン屋を除いて。

 

パン屋。
私のブログに良く登場するフレーズに、パン屋に行ってきたってのが有るんだけど、今回もまたそんなパン屋でのお話だ。
なお、パン屋に行って来たってフレーズは良く出てくるが、実はパンって大して好きじゃ無かったりもする。
じゃぁ何で行くんだよって言われても、まぁ人なんて思考と行動は必ずしも合致する訳じゃ無いんだよって事を書いておくわ。
論理的な思考と論理的な行動が誰しもが出来るのならば、この世に事件も事故もそうそう起こらないのだから。

 

で、私が極稀に、数ヶ月~半年に1度くらいの極稀なペースで行ってる...それって行ってるって言うのか行ってないって言うのか難しいけど、ともかくそんなパン屋が有る。
パン自体は普通に美味しいパン屋なのだが、一つの難点はそのパン屋のバイク置き場へのアクセスが非常に悪いって事。

車道が一段低いのか、歩道が一段高いのか。
ともかくそのパン屋に入るには段差を越えなければ成らない。
まぁまぁ良くある光景だろう。

バイク置き場と書いたけれど、基本的には店先の自転車置き場。
ご近所の方は自転車でやってきてその自転車置き場に置くのだが、歩道を走ってくるなら特に問題は無い。
歩道を自転車で走る事の是非については別の話しとして、歩道からならスっと入れるので何一つ困った事なんて起こらない。

ただ、バイクの場合は車道から入らなきゃ成らないのだけど、ここでの大きな問題は車道から入れるルートが確立されてないって事。
気の効いたスロープなんか作られてない。
食パンみたいな縁石が隙間を空けて転々と並んでる所なら入れるのだが、残念ながらこのパン屋はスロープの無い段差でビッチリガードされてるので非常に入り難い。

つまり、途中で歩道に乗り上げて、歩道をえっちら押す以外は、歩道の段差を越えなきゃそのパン屋のバイク置き場=自転車置き場にバイクを置けないって事だ。
バイクで行く人には凄く不評だろうと思うけれど、きっと少数派だろうからそんな事は考慮されてないんだろうと思う。
それにパン屋の一存で今更歩道を工事してスロープ作れと県や市町村に言うのも無理な話だろうし。
かと言って自腹ってのもね。
歩道を工事しなおしてスロープ着けるのに幾ら掛かるかは解らないけれど、ともかくチョココロネを一杯作らなきゃ捻出出来ない額は必要だろうと思う。
そりゃ大変だ。
目が回っちゃう。
コロネの作りすぎで。

だからまぁ仕方ないって事だね。
マイノリティは扱い悪くてスマンかったなって話しな訳だ。

 

だがそんな時でも、フロントアップさえ出来れば問題には成らない。
ガードレールが有れば私ではお手上げだけど、単なる縁石単なる段差なら30cmでも浮かせてやれば事は済むので、そうそうド派手な事をしなくても事足りる。
静かにフロントを上げて静かにバイク置き場にバイクを置き、帰りは押して段差を降りたらそれで問題なんて無い。
歩道を押す事も、まして歩道を走る必要も無い。
そう、セローならね。

 

この日、特にそのパン屋へ行こうと思ってた訳では無いのだけど、近くに来たのでついでに食パン買って帰ろうかと思い立ったのだ。
リュックを背負ってたし。

だが、店のすぐ近くに成って私はハっとした。
あ、今日はハヤブサだわと、私はハっとしたのだ。

.....ごめん、ちょっと無理。

 

勿論ハヤブサでもフロントは浮かせれる。
ってか、あんなのスロットル開けてクラッチをポンって繋いでやれば嫌でもフロントなんて浮く。
ただ、だからとセローみたいにフロントをその場でスパって上げて自転車置き場に入れれるかと言われたら正直全く自信はない。
出来る人はきっと沢山居るのだろう。
でもそれを私に求められても困ってしまう話。
セローなら出来るからとハヤブサで同じ事やれってのはそりゃ難しい話だよ。
スシローの店長に皿回しをさせる位に難しい。
レーンに皿は回せるけれど、お箸で皿は回せない。
それが例え店長だったとしてもだ。

 

フロントを上げれずに段差を越えれないリスク。
フロントは段差を越えれたけれどカウルが段差につっかえてしまうリスク。
カウルはクリア出来てもリアタイヤが乗り越えれないリスク。
全部クリア出来たけど勢い付け過ぎてバイク置き場を通り過ぎてパン屋へバイクごと突っ込んでしまうリスク。

 

やって後悔するよりも、やらずに何やらかんやら....

と、ベンチャー企業の社長の自叙伝に書いてそうなフレーズを小耳に挟んだ経験くらい私にも有るのだが、この場合はどう考えてもやったら後悔するパターンだと思う。
ただただ後悔するパターンだと思う。
リスクばっか高くて得られる益は非常に少ない不利なギャンブルだろうと思う。
ハヤブサを壊すリスク背負ってまで食パン欲しいのかと言われたら...ねぇ。

 

そんな訳で、今日は勘弁しといたるわと、パン屋をスルーしておいた。
ん、今日は勘弁しといたる。

ハヤブサでフロントアップの練習する予定は無く、そしてこのパン屋のバイク置き場の前の食パンみたいな縁石がスロープ化する事もきっと無いだろうから、今度はセローで行こうと思う。
まぁ気が向いたら。
パンってあんまり好きじゃ無いから気が向くかどうかはともかく。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY