漫画タイム

この年の瀬に、友人の一人が引越しすると言うのでちょっと遊びに行っていた。
特に邪魔はしないけど別に手伝ったりもしない。
単に遊びに行ってただけ。
いかがわしい雑誌をサルベージしたりもしない。
ってか、最近そんなの買ってる人って多くは無いか。

お土産はコロッケパン。
最近発見した、惣菜パンが充実してるパン屋さんのコロッケパンがこの日のお土産。
引越しの準備作業しながらでも食べれるので悪くない選択だと思う。
少なくともジグソーパズルやプラレールや蕎麦手打ちセットを持って行くよりは遥かにマシな選択だろうと思う。
引越し前に持ってこられても、そんなのただの嫌がらせだからね。
引越し後でも要らんか。
忙しい最中に蕎麦打ってる暇も無いだろうし。

特に怪しい本は見つからなかったが、部屋の片隅に積まれてた少年雑誌に目が入った。
ジャンプのような、マガジンのような、サンデーのような、でも良く見たらチャンピオン。
まさかの少年チャンピオン。

お母さんが間違えて買ってきたのかな?
とか思う所だけど、一人暮らしなので自分で選んで買ってるんだろう。
自分の意思で少年チャンピオンを買ってるのだろう。
5~6冊も積んでたので、そんなに間違えないだろうし。
そんなウッカリさんではこの先生きていくのにちょっと心配に成っちゃう。

特にやる事無いので、お土産に買ってきたコロッケパンを自分で食べながら少年チャンピオンを読んでた。
正直、チャンピオンってドカベンと怪人ヒイロくらいしか知らない、かなり偏った非常に古い知識しか持ち合わせてない私。
まぁサンデーもマガジンでもジャンプでも、どっちにせよあんまり知らないので大差無いと言えば大差ないんだけど。
ふたり鷹とバツ&テリーしか知らない、なんて事は流石に無いにしても。

そう言えば弱虫ペダルってチャンピオンだったんだね。
と、何時だったか何処だったかで単行本をペラペラと流し読みして以来に読んでみたら驚いた。
今の弱虫ペダルって、主人公のメガネ君がMTBのレースを観戦してる斬新な展開に成ってるんだね。
これから作者の趣味を全開にMTBへ傾倒していくのか、それともこれはこれでそれはそれとして元のロードに戻るのか?
それともまさかの観客漫画に成るのか?

サガンもMTBに回帰するって話がずっと燻ってるので、メガネ君もMTBに行くのも悪くは無いかと思うけれど、まぁ折角なのでロードで頑張って欲しいなとは思う。
どっちにしても自転車レースなので、どっちでも良いと言えばどっちでも良いのだけども。
チャンピオンの一冊、単行本の一冊すら買ったことの無い私にとやかく言う権利は無いし。

まだチャンピオンよりは意外と馴染み有るかも知れない月間アフタヌーン掲載の漫画。

トップウGP(6) (アフタヌーンKC)

新品価格
¥693から
(2019/12/14 17:32時点)

トップウGP
2016年から連載の始まったバイク漫画。

藤島康介がバイクレースの世界に挑む! 少しのミスが命さえも奪う過酷なトップスピードの世界に、少年・宇野突風(うの とっぷう)は魅せられていく! 圧倒的スケールで描かれる世界最速日本人ライダー伝説、満を持して開幕!!

主人公の少年がレプソルホンダのファクトリーマシン(RC21XV)に跨る第一話のシーンに期待を大いに持った人も少なくないだろう。
久しぶりのマジモンのバイク漫画が始まったと。
それはそれは2016年の事じゃった。

少年チャンピオンの横にこれまた積まれてたのがこの月間アフターヌーン。
殺傷力の有りそうな、鈍器のようなアフターヌーン。
す、すごく分厚いです。

で、2つめのコロッケパンを食べながら最新の月間アフタヌーンを開いてみると、あれから3年程経ったトップウGP最新話が掲載されていた。
こ、これは.....!!
NSF100だと!!!

なお、連載から3年経った今も主人公はNSF100に乗ってたりするけれど、作者はちゃんと描き切るつもりなので安心してその時を待っていよう。
中々進まないのは月刊誌だから仕方ないじゃ無いか。
週間連載でも1ヶ月もゴール前スプリントしてた自転車漫画も有るとか無いとかって話なんだから。

最短ルートなら、これからCEV→Moto3→MotoGP。
色々すっ飛ばしたらこれが最短ルートかな。
今のペースなら、あと2年ほどしたらどうにかCEVにはたどり着けそうな。
それから.....先は長いな。

でも連載が続く限り、そのうちに辿り着くさ。
MotoGPにたどり着いたその頃、現実のMotoGPと漫画の中のMotoGPとではどれくらいの乖離が有るのかはともかくとして。
だから、NSF100からMotoGPにたどり着く日を心待ちにしよう。
掲載順が真ん中より後ろな事なんて気にしないで、ともかくミニバイクからMotoGPに登りつめる日を心待ちにしよう。
きっと辿り着けるさと期待を込めながら。

と、そんな具合に、コロッケパン食べながら友達の家で漫画読んでた、と言う中学三年生男子みたいな事をしてた。
まぁただそれだけの話だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする