ダカールラリーDay2

ダカールラリーDay2。

王者トビー・プライス、まさかの失速。

POS. EXP. DRIVE-TEAM MARK-MODEL TIME VARIATION PENALITY
1 3  
 SAM SUNDERLAND
RED BULL KTM FACTORY TEAM 07H 05′ 22”    
2 5  
 PABLO QUINTANILLA
ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 07H 06′ 40” + 00H 01′ 18”  
3 7  
 KEVIN BENAVIDES
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 07H 06′ 54” + 00H 01′ 32”  
4 2  
 MATTHIAS WALKNER
RED BULL KTM FACTORY TEAM 07H 07′ 22” + 00H 02′ 00”  
5 9  
 RICKY BRABEC
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 07H 09′ 33” + 00H 04′ 11”  
6 18  
 ROSS BRANCH
BAS DAKAR KTM RACING TEAM 07H 09′ 41” + 00H 04′ 19”  
7 16  
 LUCIANO BENAVIDES
RED BULL KTM FACTORY TEAM 07H 11′ 23” + 00H 06′ 01”  
8 12  
 JOAN BARREDA BORT
MONSTER ENERGY HONDA TEAM 2020 07H 11′ 31” + 00H 06′ 09”  
9 1  
 TOBY PRICE
RED BULL KTM FACTORY TEAM 07H 12′ 56” + 00H 07′ 34” 00H 02′ 00”
10 6  
 ANDREW SHORT
ROCKSTAR ENERGY HUSQVARNA FACTORY RACING 07H 14′ 46” + 00H 09′ 24”

ステージ1で勝利し、今年も磐石かと思われたKTMのトビー・プライスがまさかの失速。
これにより順位を大きく落とす。

だが同じくレッドブルKTMのサム・サンダーランドがスルスルと上がり総合トップへ。
人材豊富なKTMは、次から次へと上がってくる。

今年こそ勝ちたいホンダ勢は、ケビン・ベナバイズが01′ 32”差で総合3位。
リッキー・ブラベックは04′ 11”差で総合5位とまだまだこれからだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする