バタフライエフェクト

Iran says it has launched ballistic missiles at American air bases in Iraq

2020年、年明け早々、って訳でも無い長いスパンでの出来事なのだろうけど、香港の騒乱に加えてイランでも何やら大変な事に。

SFで良く言われるバタフライエフェクト。
蝶の羽ばたきのような小さな変化が、連鎖して地球の裏側で何かアレだって、まぁそんな話。
タイムトラベル物で良く登場するフレーズ。
同名の名作映画も有った。
2は途中で見るのを止めたけど。
3は最初から見てないけど。

ともかく、世界の何処かで起こった何かしらの動きは、まわりまわって私たちの身にも何かしらの形で影響を与える、かも知れないよって話。
何の影響も無い場合も多いだろうけど。

Oil Price: Get all information on the Price of Oil including News, Charts and Realtime Quotes.

カオス理論も風が吹いたら桶屋が儲かる論も必要ない。
蝶の羽ばたきなんて小さな変化では無い、もっと明確にもっとハッキリとリンクしてるのがコレ。
中東情勢とWTI価格と日本のガソリン小売価格。

日本のガソリン小売価格はこちら↓の原油輸入CIF価格がベースと成っている。

これに元売&小売のマージンと各種税金を加えた金額が、私たちが入れるガソリンの価格。
*CIF価格=Cost(価格)、Insurance(保険料)、Freight(運賃)を合算した価格。

日本の原油輸入元の大部分はサウジアラビアとUAE。
この2国で全輸入量の約64%。
これにカタールとクウェートを加えると約80%。
さらに今騒動の真っ最中のイラン、イラクやオマーン等も加えれば、90%近くをこれら中東から輸入してる計算に成る。

したがって、アメリカのWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト:West Texas Intermediate)価格なんて何も関係無いんだけど、好むと好まざるに関係なく、世界の中心はアメリカ様なので、このWTI価格=ニューヨーク・マーカンタイル取引所の価格が世界基準に成っている。
必ずとは言い切れないものの、概ねココとリンクしてる。

良く聞くホルムズ海峡ってのはこの風船マークの場所。
ペルシャ湾の出口の海峡。

イラン情勢での問題がコレ。
ブチ切れたイランがこの海峡を封鎖なんかしたら、日本からしたらえらい事に成ってしまう。
ここが閉鎖されるって事は、サウジアラビア、UAR、バーレーン、カタール、クウェートからの石油が滞る事を意味する。
大変ですわ。

紅海側、イエメン-ジブチ間のバブ・エル・マンデブ海峡を通るルートも有るんだろうけど、ともかく大変な話な訳だ。
ホルムズ海峡が滞るってのは。

なお、ホルムズ海峡でのイランの対岸はUAEでは無くオマーンだったりする。
半島の先っちょだけがオマーン。
いわゆる飛び地って奴。

地理上の重要な地点なので、日本としても仲良くしておいた方が良さそうだ。
オマーン国際女子マラソンなんて言ってないで。

Oil Price: Get all information on the Price of Oil including News, Charts and Realtime Quotes.

なお、本日1月9日午前現在では59.90ドルくらいと、イラン情勢のひとまずの沈静化っぽい動きと共に63.26ドルをピークに下落中。
この調子でどんどん下がってくれる事を祈りたいばかりだね。
いや全く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする