バイク破壊ショーinニューヨーク

ニューヨークで、違法バイクを踏み潰すイベントが開催された。
主催はニューヨーク市。

市長自ら、ノリノリにバイクを叩き潰す。

フィリピンでは密輸されたフェラーリを破壊したり、台湾でも違法改造したランボルギーニを破壊したり。
まぁまぁ良くあるこの手の見せしめショー。
流石にマリー・アントワネットの時代のように街頭ギロチンショーをやってる国は多分そうそう無いだろうけれど、200年やそこらじゃ人間の本質はあんまり変わらないのかも知れない。

 

ダートバイクとATVと書かれているけれど、実際にはスクーターからツアラーまで、主には未登録車両、もしくは違法改造車が踏みつぶされ獄門の刑に処された。
別にモトクロッサーを持ってるだけで押収されて踏みつぶされる訳では無く、ターミネーター2のジョンコナーのように、ナンバーの無いバイクを街中で乗る人間が非常に多いので、それらを捕まえてさらし首にしてやろうってイベント。
実際、モトクロッサーやATVで街乗りする人がとても多いのだとか。
アメリカは自由な国、なんてイメージも有るかも知れないが、ナンバーも無ければ保険も無いバイクを街中で騒音鳴らしながら走る自由は残念ながら存在しない。
スマンかったね。

 

 

バイクに罪は無い。
罪が有るのは持ち主なのだから、持ち主を踏みつぶしてやれば良い。

とのお考えはごもっともなのだけど、流石にそう言う訳にも行かない。
ノリノリで処刑されたら困っちゃうわ。

と言う訳で、来年もきっとノリノリでバイクが踏みつぶされるのだろうと思う。
なんせ900台押収したうちの92台なのだから。
踏みつぶし対象バイクはまだまだ有りますわ。

 

MOTOR CYCLE

Posted by tommy