マリオとルイージ

前にも書いた事が有るけれど、良く我が家へ遊びに来る友人の一人に無類の犬好きが居る。
チワワを溺愛してる人も居るのだけど、その人が飼ってるのはもっとレアな犬種。
日本に数頭、なんて訳では無く、ペットブログで探せば幾らでも出てくるんだけど、それでもチワワやプードルやポメラニアン程に一般的では無い。
まぁまぁそこそこレアな犬種を飼ってる。
カッパやツチノコ程に超絶レアでは無いけれど、ペットショップではそうそう目に掛かれない犬種だ。

そんな彼が犬に着けた名前はトリス。
私は反対したよ。
大いに反対したよ。

歴代、飼い犬にはお酒の名前から取った名づけが成される彼のご家庭。
ジンやウォッカなんて、仲良くジェットコースターに乗りそうな真っ黒けの犬は飼ってないけれど、幼少期から今現在実家で飼ってる犬まで、その全てはお酒由来の名前と成ってる。
その伝統にのっとってトリスと名づけたのだけど、私はそれに大いに反対したのだ。

ってのも、ペットショップではまず見かけないレアな犬種だけど、実は我が家の極近所でその犬種を飼ってたりするのが理由。
意外と多いのかも?
なんて錯覚してしまいそうに成るけれど、他で見た事無いのできっとやっぱりレアなんだろうと思う。

近所に同じ犬種が射るから?だからどうしたよって思うかも知れない。
だからと無関係なお前が名づけにとやかく言う筋合い無いだろうと思うかも知れない。
でも、そのご近所の犬の名前がクリスならば、きっと少なからずの人は反対する気持ちも解ってくれるんじゃ無いかと思う。
同じまぁまぁレアな犬種の2頭。
クリスとトリスが出会うのを出来れば避けたいと、そんな気持ちも解ってくれる人も居るんじゃないかと。

クリスとトリスって、ギリシャの哲学者っぽい感じはするけれど、ちょっと刺激に敏感なギリシャの哲学者っぽい感じはするけれども、何かと問題を抱えそうな気がするので出来たら避けた方がイイんじゃないかな、とは思ったもんだ。
エビスでもカミュでも鬼殺しでも良いから別の名前にしてくれないかと。
今となっては....まぁイイや。

ニックネーム、あだ名、愛称。
皆様もそれぞれ何かしら有っただろうと思う。

私も勿論有る。
ってか今も有る。
特に披露はしないけど。

ちなみに以前、オフ会ってのに良く参加してた時期が有った。
SNS....なんて言葉の無かった時代、掲示板に集ってた人と割と頻繁に遊んでた時期が。
その頃、私は『およよ』と名乗ってた。
名づけの由来は、当事の電話番号のラスト4桁が2699だったから。
ずっと699って名乗ってたのだけど、ある日使ってたノートPCが何かの拍子に日本語入力モードに切り替わってて、『699』って打った筈が『およよ』に成った、ってのが事の真相。

お陰でそれ以来、私は『およよ』と名乗ってたのだけど、事ある度に桂三枝のファンだと思われて中々面倒くさかったので、もうちょっと考えた方が良かったかもね、って思った。

ニックネームと言えば、有名なのは元GP125チャンピオンの坂田和人さん。
イイ声でお馴染みの2タイムチャンピオン。
wikiにも載ってる様に、転倒を意味するcadutaに似てるから名前(登録名)変えろって言われた話は有名。
まぁニックネームって言うか本名だからねぇ。
そんな事言われてもね。

その昔にノリックが、名前をノリダーにしようと思ったらNORIDERに成るからダメだよねって話をしてたけれど、それはそれでこれまた古い話だなぁって今思ってる。
ん、ちょっと古いな。
随分古いな。

ちなみにこの人。
カリントウみたいなお洒落眉毛でお馴染みのGigi Dall’Ignaさん。
Gigi(ジジ)は本名ではなく、Luigi(ルイージ)が本名。
ルイージなら緑を着るべきだろって声も上がって来そうだけど、ともかくこの真っ赤っかの人の本名はルイージ。
ビルがウイリアムの、エドがエドワードの、アレックスがアレクサンダーの短縮形のように、ジジはルイージの短縮形だ。

どうでもイイ話なんだけど、実はDUCATIにはルイージ・ダッリーニャさんの遥か昔に、Mario Recchia(マリオ・レッキア)さんってメカニックが居た。
ルイージのお兄さんに当たるマリオさんが居たんだよ。

まぁこれまただからどうしたって言われても返答に困ってしまうんだけど、本日の長い話はここにどうやって辿り着くかってのがテーマだったんだよ。
どうやってこの一枚の写真まで話を持って行くかってのが。
どうやってマリオに辿り着くか、ってのが。

Former Ducati mechanic and pilot Mario Recchia manufactured Cucciolo engines and he gave the Cucciolo its first victory.

辿り着きはしたものの、ここに書いてる以上の事は何も知らないので、まぁ今日の所は無理矢理にでも辿り着いただけで満足しておこうと思う。
良かった良かった、と。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする