だからやめとけって言ったのに

あれこれ考えてないでやってみればイイさ。

と、何に影響されたか知らないけれどそんな無責任な事言っちゃう人が居るけれども、世の中には止めておいた方が良い事は数多くある。
考えるまでも無く、止めておいた方が良い事は。
星の数程有る。

買ってきたばかりのバイクを良く解らないまま分解したりとか。
ハヤブサでアクセルターンしたりとか。
同僚の女子社員から貰った義理チョコのお返しにセクシーランジェリーを贈ってみたりとか。

世の中には止めておいた方が良い事は数多くある。
星の数程有る。

ここは国道43号線。
兵庫県南部に住む私が良く使う幹線道路の一つ。

特徴は

・片側2~3車線の信号が少なく見通しの良い道路。

・朝夕のラッシュと工事期間を除いて交通量はさほど多くない。特に夜はガラガラ。

・制限速度40km/h

物理的には、あくまで物理的にはハヤブサを6速フルスロットル出来る道。
あくまで物理的にはね。

でもこんな高架部分も含めて40km/h制限の道。
ちょっと調子乗ったらどんな末路が待ってるか、なんて事は賢明な皆様ならお察しの事だろう。

景気良く設置されたカメラ、四六時中走ってる白バイとパトカーと覆面。
ここでスロットルをワイドオープンするなんて、何かよほどヤケクソな事でも無い限りは控えた方が良いかも思うな。
横領が見つかったとか、FXで5億借金を作ったとか、妹のパンツ盗んだのがバレたとか、盗んだのは妹のパンツだと思ったらお母さんのパンツだったとか。
そんな、もうどうにでも成れ!って感じにヤケクソに成らない限りは。
それでもお勧めしかねるけどね。
他の人に迷惑だから。

この道路が40km/h制限なのは、西淀川公害訴訟、尼崎大気汚染公害訴訟、国道43号線道路公害訴訟がその要因。

通行禁止にする訳にも行かず、かと言って市町村が43号線を走る車の排気ガスをどうこう出来る訳でも無いので、その折衝案の一つとして決まったのがこの40km/h規制。

どこまで意味があるのか、って思う人も多いだろうけど、それ以外にどうにも成らないので仕方ない話なんだろうと思う。
速度を下げて交通量を減らすってのが現実的な手段なんだろうね。
ちなみに大昔、阪神高速神戸線が出来る前は10車線有ったらしい。
勿論そんな時代は知らないけれど。

したがって、ここは40km/h制限。
あれこれと、ガタガタと言った所でどうしようもない現実。
40km/hなんて、600cc以上のスポーツバイクなら、アイドリングのちょい上くらいで制限速度に達してしまう速度。
だがお察しの通り、ここは非常に苛烈な取り締まりが行われる路線なので十分な注意が必要だ。

その中でも、上に載せた画像の箇所。
上画像の西宮市甲子園球場横の高架部分。
そして下側画像の西淀川高架部分。
これらは大阪~尼崎間では非常に危ない区間とされている。
43号線に安全な所なんて無いんだけど、その中でもこの2箇所は結構危ない。

どちらもかなりブっ飛ばせる作りなのでついつい調子に乗り勝ちだが、調子に乗った人間がどうなるかは僕達は十分に知ってる筈だ。
ヤムチャ様が身を持って教えてくれた僕達は十分に知ってる筈だ。

あんまり調子に乗ったボーイにはこう言ってやる。
消えろ、ぶっ飛ばされんうちにな、と。

43号線はスピードの取り締まり以外にも信号無視の取り締まりも注意したい。

場所はここ。
大阪と尼崎の境辺りに有る佃6の交差点の信号無視の取り締まり。
中島大橋を下りきった先の交差点。

そもそも信号無視するなよって話なんだけど、道路の構造上の問題なのか、ついついイっちゃいそうに成ってしまう交差点みたい。
特に大阪から神戸方面へ向かう際、なんか知らないけどついついイっちゃうんだとか。
私の周囲にも何人かここで切られた人間が居るので、黄色でもしっかり停まる事を強くお勧めしたい。
まぁそもそも当たり前っちゃ当たり前なんだけど。

こんな具合にパトカーさんが待ち構えてるので注意しよう。

そんな国道43号線。
その中でも群を抜いて濃密な取締りが行われる甲子園球場横の高架道路を40km/h+αで走る私のR1を軽快に抜いていく125ccのスクーター。
マジェスティ125。

マジェスティさんかい?速い、速いよ!

そんな声は勿論届く訳も無く、マジェスティ125はアイドリングのちょい上の回転で走る私のR1を華麗に抜いて走り去るのだった。

数十秒後、だからやめとけって言ったのに、と私がヘルメットの中でつぶやく事なんて知る由も無く。
....嗚呼....

もし国道43号線を走る機会が有れば、皆様はくれぐれもご注意を。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする