MotoGPにまつわる、まぁまぁ無茶な話

Petronas Yamaha sees Rossi, Lorenzo options ‘tricky but interesting’

ペトロナス・ヤマハのボス、Razlan Razali さんは語る。

Petronas Yamaha boss Razlan Razali feels having both Valentino Rossi and Jorge Lorenzo as future rider options as “tricky but interesting at the same time”

その昔、互いの心とピットの中に高い壁を築いてた頃からは考えられない光景だけど、流石にそれは....。

将来、この2人が組んで8耐に出たら凄い事に成りそうだけどね。
将来の話だけど。
でも、鈴鹿はどうか解らないけれどセパン8耐なら有るかも。
金の雨が降るセパンならもしかすると。

kawasaki wanted to enter motoGP with Rea’s superbike
カワサキは、レイのスーパーバイクでMotoGPに参戦したかった
MotoGP: EXCLUSIVE INTERVIEW PART 1 – The Dorna boss: "I said no, the game was clear. SBK is the B series of motorcycling but that doesn't mean that we aren’t wo...

ちなみにMotoGPとSBKとの昨年の一発タイムを比べてみると

ヘレス(MotoGP:5/3~ SBK:6/7~)

1 Fabio QUARTARARO 1’36.880    
2 Franco MORBIDELLI 1’36.962    
3 Marc MARQUEZ 1’36.970    
       
18 Johann ZARCO 1’37.820    
      Jonathan Rea 1’38.247
19 Bradley SMITH 1’38.357    

アラゴン(MotoGP:9/20~ SBK:4/5~)

1 Marc MARQUEZ 1’47.009    
2 Fabio QUARTARARO 1’47.336    
3 Maverick VIÑALES 1’47.472    
       
17 Tito RABAT 1’48.916    
      Álvaro Bautista 1’49.049
18 Mika KALLIO 1’49.085    

アッセン(MotoGP:6/28~ SBK:4/12~)

1 Fabio QUARTARARO 1’32.017    
2 Maverick VIÑALES 1’32.157    
3 Alex RINS 1’32.458    
       
21 Tito RABAT 1’34.580    
      Álvaro Bautista 1’34.740

フィリップアイランド(MotoGP:10/25~ SBK:2/22~)

1 Maverick VIÑALES 1’28.492    
2 Fabio QUARTARARO 1’29.043    
3 Marc MARQUEZ 1’29.216    
       
5 Danilo PETRUCCI 1’29.339    
      Jonathan Rea 1’29.413
6 Cal CRUTCHLOW 1’29.535    

季節も違えば状況も違うので、単に同じサーキットだからとタイムを比べるのもナンセンスな話なのだろうけど、そんな事はお構い成しに比べてみるとこんな感じ。

MotoGP開催時期のフィリップアイランドはかなり状況が厳しいので、SBKならなんとセカンドローに並べるタイム。
だが、同時期ならどうだろう?
他のサーキットは概ね18番手くらい。

でも、少なくとも全くどうにも成らないってレベルでも無いので、回転数を含めてMotoGPに合わせて作れば意外と良い線まで行ける.....かも知れない。
メランドリの悲劇を再び生むだけかも知れないけれども。

でも、昨年のSBK前半、ドゥカティの余りの速さにカワサキは結構本気で焦ったようで、そのドゥカティの快進撃の要因はMotoGPに有るって考えてるらしい。
タイヤが違うだけで大体MotoGPとか言われてるパニガーレV4R。
やっぱウチもMotoGPやらねばならんのかと。
そんな事を考えてるとかどうだとか、なんて言われてる。

現行ルールでカワサキがワイルドカードで出るのはほぼ不可能だろうけど、もしかするともしかする....かも知れない。
って、まぁやっぱきと無いだろうけど、カワサキフアンの方はそんな未来が来る事を心待ちにしていよう。
ん、まぁきっと無いとは思うけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする