バイクは小さい方が便利だ

随分前、街中でパンクしたと友人から連絡を受けて、ハイエースに乗ってピックアップしに行った事が有る。
バイクはジェベル200だったかな。
私が5千円で買って、3万円掛けて直して、それを3万5千円で売ってやったジェベル200。
マイクじゃ無いので特に利益は求めて無い。

チューブタイヤのパンクって中々に困った話なのだ。
釘踏んだら終わる癖に、その復旧がかなり大変。
自転車ならチューブ交換するのが普通だけど、バイクでスペアチューブ積んでる人はそうそう居ないだろう。
チューブだけ積んでても全くどうにも成らないし。
まるでどうにも成らない。

ちなみに私のセローには、リングレンチ付きタイヤレバーをスイングアームに脱着式タイラップで縛り付けて、Co2ボンベとパッチ一式、さらにはチューブレスのリヤ用ミミズスティックを一応積んではいる。
でも、流石にスタンドまでは積んでないので、街中でパンク修理するハメに成ったらバイクを横倒しするしか無いのが困った話だったりする。
山の中ならそれで良いのだけど、街中で出来れば勘弁頂きたいとは思うな。
凄くジロジロ見られそうだし。
下手したら警察か救急車呼ばれかねないし。

幸いにして、未だに街中でバイクを寝転がしてパンク修理した経験は無い。
林道近くの山の麓でなら有るけど、三宮でパンク修理した経験は幸いにして未だに無い。
今後も無い事を祈るばかりだ。
セローは、どうせならついでにフロントもチューブレスにしちゃくれなかったのかと悔やまれて成らない。
チューブレスならミミズで直るのに。

と、車で10分くらいの距離でパンクしたと連絡寄越して来たジェベルをハイエースでピックアップしに行った事はあるのだが、昨日受けた連絡は事情が一味違った。

ヘルメット盗まれたんだって。
随分とバイクで走った先、そこに何が有ると聞かれたらちょっと答えに窮してしまう山ばっかりの所で、バイクにヘルメット引っ掛けて里山の小さな神社をブラブラしてたら無く成ってたんだとか。
何の変哲も無いただの真っ黒けのフルフェイスが、忽然と姿を消してたらしい。
嗚呼....

メットも無ぇ、電車も無ぇ、バスだって有るのか無いのか解ら無ぇ
と、そんな、本当に山と田んぼと畑と、後は山と山と、他には山くらいしかないような所でヘルメットを盗まれたのだとか。
なんてこった。
そんな何も無い所でも、ヘルメットを盗む人は居るもんだね。
泥棒か天狗か、或いは未知の怪生物の仕業なのかは知らないけど。
不浄な人間が神社に行ったもんだから、罰が当たったのかも知れないけど。

山しか無いけどお巡りさんは居るので、ノーヘルで帰る訳には行かない。
お巡りさんが居ようと居なかろうと、流石にノーヘルで帰るのはちょっとね。
勿論スペアヘルメットなんて積んでない。
そりゃそうだ。

新たなヘルメットを買う為のバイク用品店なんて勿論無い。
自販機すら見当たらない所、それを求めるのは酷ってもんだよ。

マクガイバーならダクトテープとそこらの廃材を使ってヘルメットの一つくらい作れそうな気もするけど、そこまでのスキルを民間人に求めるのは無理な話だろう。
人はそこまで便利に成れないのだからとアムロも言ってたし。
それに何より、こんな山しかない所ではダクトテープはおろかセロテープすら売ってない。
コストコはおろか、コメリちゃんすらも無い。
流石のマックも苦笑いだ。

だからハイエースで迎えきてくれ。
タイヤキくらい買ってやるから。

と連絡を受けたのだけど、ワルキューレなんてハイエースに積めないので、そんな無茶言われても困ってしまうのだ。
やなこった。

と言う訳で、ご希望のヘルメットを近所のバイク用品店で買って、遠路遥々届けてやってきたのだ。
放置するのも可哀想だし。
時が経っても何も解決しないしね。
押して帰って来いって言ったら、年越しそうな気もするし。

でも、余りの遠さに、道中でやっぱ放置しときゃ良かったかも?
なんて思いもちょっと過ぎりつつ。

私は問いたい、なんで何も用事無いのにこんな遠い何も無い所まで来たのだと問いたい。
山しかない、本当に山しかない所に。

ヘルメットをミラーに掛けて放置してるから悪いんでしょ。
タヌキしか居ないと思って油断してるから盗まれるのよ。
そりゃ自業自得だわ。

後からそんな正論言われても微塵も嬉しくも、そして全く解決もしない小言をあえて言う権利くらいは有るので、ヒーヒー言いながら帰って来た後、ヤフー説教部屋のマイスターのごとく、タイヤキ食べながら思う存分正論をぶちかましてみた私なのだった。
燃費の悪い車でわざわざ何時間も掛けてヘルメット届けてあげたのだから、それ位のギャラは受け取る権利は有るのだよ。
何の足しにも成らないような正論をブチかましてみる、それくらいのギャランティは発生するのだよ。
言われてる方からしたら全く意味は無いけど、言ってる方からしたらこれが意外と楽しい物なのだから。

....
あ、立て替えてたヘルメット代、貰って無いわ。
改めて請求せねば。
また、全く意味も無いお説教と共にまた改めて。

まぁ、当の本人は全く聞いちゃいないのだけどね。
全然聞いちゃいねぇ。

ちなみに、後で調べたらハイエースにワルキューレは積めるっぽい。
調べたら、ハイエースの貨物スペースは2,740mmとの事なので、ワルキューレルーンの2,560mmなら積めるっぽい。
ハイエースってやっぱ凄い車だ。
次元を歪ませる事により、外見からは想像できない異常な量の荷物が積める四次元サンバー、或いはその後継と成るスズキの四次元エブリィとは、やはりその次元そのものが違う。
バンとしては最高峰のハイエースバンは、次元など歪ませる必要は無いのだ。
段差で車体がバンバン言うのがどうにか成らんもんかと思うけど。
....壊れてるのかも知れない。

ともかく、今更だけどハイエースならワルキューレもワルキューレルーンも載せれるみたいだ。
全長や全高の面でも重量の面でも載せる事は可能みたいだ。
ラダーが耐えれるのか?
そして、350kgを超えるこのバイクを誰がどうやってハイエースに載せるのか?って大きな問題は有るけれど。
車検場みたいに、バイクを積み下ろしするお立ち台が有ればどうにか積めそうだけど、今度は下ろす時にドキドキしそう。

私はちょっと遠慮する。
ジェベルならともかく、こんなデカいバイクなんて無理。
ってか、押すのも遠慮したい。
やっぱり、このバイクってベーコンをおかずに肉食べてる民族の乗るバイクだと思うな。
少なくとも竹輪ばっか食べてる人間が手を出すべき代物で無いのは確かだ。

結論。
やっぱバイクは小さい方が便利だ。
『乗りたくても乗れない時』は特に強くそう思う。

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY