マン島よ、お前もか

マン島政府、2020年のマン島TTレース中止を発表。新型コロナウイルスのパンデミックが影響

 マン島政府は3月16日、新型コロナウイルスの影響により5月31日~6月13日に開催予定だった2020年のマン島TTレースを中止することを発表した。 マン島TTレースは、1907年からイギリス諸島にあるマン島の一般公道で開催されている世界最古の二輪車レースだ。この伝統あるレースには、二酸化炭素を一切排出しないゼロエミッ...

だそうで。

他のイベントは?と言うと....

BSB(ブリティッシュスーパーバイク)は4月10〜12日の開幕戦、シルバーストーンラウンドは年内に延期が決定。

Moto America、以前はAMAスーパーバイクって呼ばれてたアメリカのスーパーバイクシリーズは、開幕戦は4月17〜19日にロード・アトランタにて開催予定。
今の所は。
でも、ちょっと難しいかもね。

全日本スーパーバイク(JSB)は開幕戦が4月25~26日のモテギ。
今のところはこちらも開催予定。
1ヵ月後、本州の桜も散って久しい時期なので、流石に終息はしてる筈。
でもこちらはJリーグやプロ野球の開催状況次第かな。
他のイベントの開催状況をチラ見しながら。

ただ今年のJSBは、HRCがあっという間の撤退。
全日本モトロクスと共に、もはや日本国内ではやる気無し。
MotoGPの予算がもうちょっと.....。

https://www.visordown.com/news/racing/motogp/lcr-budgets-million-cal-crutchlow’s-crashes-it’s-worth-it

ちなみに、破壊神様の破壊するコストは年間で$600,000~$1,000,000に及ぶらしい。
別に破壊神様の破壊力が直接HRCの運営に影響を与えてる訳では無いだろうけども、中々に凄い額だ。
ルーチェさんの財布にはどうだか知らない。

それでも最新のCBR1000RR-Rレースベースが40台くらい買える額を砕け散らしてると考えたら凄い話だね。
カウルをばら撒くのは札束をばら撒くのと同義だからそりゃ凄い額だ。

そしてカワサキもチームグリーンは消滅。
JSBからは撤退して、モトクロスもチームグリーンからカワサキ重工のTeam Kawasaki R&Dへ。

さらにはヨシムラも撤退。
ベビーフェイスのダブルネームって形ではJSBに、チームカガヤマとのダブルネームでST1000クラスにも残るけれど、伝統と格式のヨシムラカラーは今年はもう見れない。
流石にベビーフェイスは昨年のヤマハからスズキにチェンジはしたけれども、それでもなぁ。

過去にはスーパーバイクを休止してハヤブサ~S1-RでXフォーミュラクラスに参戦してた時期も有ったけれど、今年はまことにスマンかった。

な具合に、本気でやってるのはヤマハくらいなもので、ホンダもカワサキも絶賛自粛中。
皆様セルフ自宅待機中だったりするんだけど、来月末のモテギは開幕出来る事を祈るばかりだね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする