アンダルシアGP FP3

マルケス、走る。

ご存知のように、先週末に腕の骨を折ったマルケス(兄)
火曜日に手術を行い、本日FP3よりド根性の復帰。
さて結果は。

POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF LAP MAX
1 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) 1’36.584s 18/20 288k
2 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.059s 10/20 286k
3 Jack Miller AUS Pramac Ducati (GP20) +0.126s 17/17 291k
4 Takaaki Nakagami JPN LCR Honda (RC213V) +0.258s 11/20 289k
5 Francesco Bagnaia ITA Pramac Ducati (GP20) +0.263s 7/16 293k
6 Danilo Petrucci ITA Ducati Team (GP20) +0.353s 18/20 293k
7 Brad Binder RSA Red Bull KTM (RC16)* +0.354s 20/20 288k
8 Valentino Rossi ITA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.404s 20/21 286k
9 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM (RC16) +0.411s 13/16 291k
10 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.469s 16/20 288k
11 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) +0.486s 11/11 288k
12 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.596s 20/22 286k
13 Miguel Oliveira POR Red Bull KTM Tech3 (RC16) +0.694s 16/18 290k
14 Andrea Dovizioso ITA Ducati Team (GP20) +0.711s 18/19 293k
15 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) +0.720s 19/20 293k
16 Alex Marquez SPA Repsol Honda (RC213V)* +0.973s 17/21 289k
17 Cal Crutchlow GBR LCR Honda (RC213V) +1.037s 17/18 291k
18 Tito Rabat SPA Reale Avintia (GP19) +1.244s 17/18 289k
19 Marc Marquez SPA Repsol Honda (RC213V) +1.298s 10/18 290k
20 Bradley Smith GBR Aprilia Test Rider (RS-GP) +1.432s 14/20 290k
21 Iker Lecuona SPA Red Bull KTM Tech3 (RC16)* +1.776s 10/13 286k

トップ争いはビニャーレスとクアルタラロの、来期のヤマハファクトリーコンビ。
今回はビニャーレスに軍配。

続く3番手に、今回のヘレスは意外とやると思ってるジャック・ミラー。
ドゥカティには相性悪いコースだけど、意外とやると思ってる。
なんとなく。

注目のマル兄ちゃんは時間一杯まで走り切ったものの、20番手と中々に辛い結果。
後ろには転倒したレクオナとスミス氏しか居ない絶望の展開。
流石に辛いか。
そりゃそうだね。
FP4以降は走るかどうかは解らない。
この状態で、リスクを背負い込みながら走るのは得策なのかどうなのか。

先週手首を骨折したクラッチローは気合で出走したものの、先週、肩を脱臼したリンスは出走取りやめ。
予選も多分無理っぽい。

初日、FP2でトップだった我らが中上君は、開始早々3番手、後半も一時はクアルタラロに続く2番手と安定して好タイムを出し、最終結果はトップから0.258秒遅れの4番手。
上がり続ける気温がどう影響するか解らないけれど、昨日午後のFP2の歓喜が再び見られる、かも知れない。
ちょっと予選が楽しみだ。

そして、初日FP2では好調の、2番手に着けたザルコは.....ザルコは........
あれ??

21時35分から始まる予選Q2。
我らが中上君の活躍を楽しみに待とう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする