二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

 | Kuota小話  | 二輪噺(再)  | 二輪噺別館~ヘルメット&ウエア館~  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

アレイシ・エスパルガロレプリカヘルメット 遂に発売....なんだけど(後編)

   

ただ、ただ私は言いたい。
去年までのイアンノーネ。
そして今年のアレイシ・エスパルガロ。
二人とも、レースでKYTのヘルメット被ってないよねって事。
KYTとは書いてるけど、それどう見てもSUOMYだろ?って。

と言う訳で前回の続き。

s_AleixEspargaroKYT-2

昨年のイアンノーネ(今期はAGV)、そして今年のアレイシは、KYTのステッカーが貼られたSUOMYを使っている。
ドヴィチオーゾと同じタイプのSUOMY製ヘルメットだ。
↑写真の横の方にちょろっとSUOMYの姿が見えるように、SUOMYとKYTは実はかなり濃密な間柄。
住所が一緒くらい、かなり濃厚。

ではなぜSUOMYのヘルメットにKYTのステッカーを貼ってるのか?
理由は簡単。
KYTブランドのヘルメットはレースに耐えうる品質ではないからだ。
ライダーや関係者、SUOMY、そして当のKYT自身も、KYTが作ってるヘルメットはGPでは使えないと承知してる事。
だから別会社のSUOMYのヘルメットを使ってるのだ。
住所は同じだけど別の会社で有るSUOMYのヘルメットを。
資本関係はともかく、少なくとも別ブランドで有るSUOMYのヘルメットを。

それは至極ごもっともな判断だし、そもそもKYTのABS樹脂製ヘルメットでは草レースにも出れないだろう。
頭ベコベコに凹むわ。

それは当然の判断だと言える。
ただ、それを解っていながら何故契約し何故レプリカを出す?
幾らの金が動いたのかは知る由も無いけれど、その姿勢は私はどうなんだろうかと思うのだ。
自分はレースで使わないくせに。

別にMoto2のチームアジアが出光のガソリン入れて無くても、レッドブルのボトルの中身が麦茶でもそりゃ結構なんだけども、SUOMYをKYTの振りして被り、そして中身は全く違う見た目だけ同じのレプリカヘルメットを出すその姿勢はどうなのさって思う訳。
安全上、最も重要な用品でそんなあやふやな事しててどうなのさって。

前にも書いたような気がするけど、Shinerayと言う中国のバイクメーカーが有る。
ここはファクトリーチームとしてWMXに参戦してたのだ。
Shinerayと書かれたCRF250、そしてその後はYZ250Fで。
その他の日本製マシンと互角に戦える高い戦闘力を誇示してた。
互角って言うか、デカールとカバー類のロゴが違うだけで普通にCRFやYZ-Fなのでそりゃ互角なんだけど。

で、その世界トップレベルのShinerayと書かれた高性能モトクロッサーを宣伝に使ってたんだけど、実際に自社で売ってるのは勿論CRFやYZ-Fとは比較に成らないチャイナバイク。
別に中国製だからとガラクタとは言わないけど。

やってる事はそれと同じような物。
と言うかより闇は深いと思う。
Moto3を走ってるマヒンドラのマシンはマヒンドラのバイクでない事は、同じくハスクバーナやプジョーで無い事には大した問題には成らないが、MotoGPライダーが被ってるKYTのヘルメットがKYTで無い事は、そしてその同じ見た目のレプリカがKYTから売り出される事は、少々問題有るんじゃ無いかと思えて仕方無い。

もし、アライのヘルメットを被って世界のレースで戦うライダーがみんな

実はAraiって書いてるだけで他のメーカーなんですよ。
だって、Araiは安全性に劣るから使えないっすよ。
黙っててごめんね。
でもレプリカ買ってね。
オレは使わないけどさ。

なんて言い出したら大きな騒動と成るだろう。
ペドロサやニッキーヘイデン、シュワンツやスペンサーがそんな事言い出したら。
実はAraiと書いてるけど中身はマルシン工業でした!なんて言い出したら大きな騒動に成るだろう。

アレイシは安全上問題の有るKYTを被らない。
そもそもKYTでレースには出れない。
そんな事を解った上でKYTのアレイシレプリカを買う物好きな方ならそれはそれでご自由にって話だ。
画面で見る限りは見た目は綺麗そうなので飾りとするなら良いだろうし、一応はそれなりの会社が、SUOMYと濃密な関係の会社が作るハイエンド製品なので実際に使っても決して悪い物でもないとは思う。
明らかに帽体の強度に関してはアライショウエイAGVや本家のSUOMYに劣るだけで、他のノーブランド品に比べれば随分マシだろうとは思う。
他と比べると相対的に明らかに強度不足で、レースには使えないだけで。

ただあれだ。
なんか気に入らんよねと。
まぁ一言で言えばそう言うこった。

なお、KYTヘルメットは今の所国内では前回書いたとおりPSCマークが着いてないので、あくまで装飾用としか売られない。
事故った時も自己責任でね。
なんて書くのは簡単だけど、ヘルメットに関しては事故った後で失敗だった!って気付いても概ね手遅れな事が多い。
防弾ベストや化学兵器用の防護服なんかと一緒。
ケンシロウに喧嘩売ったモヒカンと一緒。
失敗したわ!って思った時点で大体は手遅れなので、手遅れに成る前に一度立ち止まって考える必要は有ろうかと思う。

まぁ、日本じゃ多分売り出さないと思うけどね。



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE