SBK アラゴンラウンド レース2

スーパーポールレースでの酷いクラッシュ

https://www.worldsbk.com/en/videos/2020/2020%20WorldSBK%20Aragon%20Sykes%20and%20Mercado%20crash%20clip

これによりメルカドはレース2はキャンセル。
なんて不憫な。

 

そのスーパーポールレースを制したのはジョナサン・レイ。
だが2位にはレディングがキッチリと着けて、首位をギリキープ。
さて、この2人のマッチレースと成った今期のSBKタイトル争い。
軍配は如何に。

 

レース2結果

1J. REAGBRKawasaki Racing Team WorldSBK
2C. DAVIESGBRARUBA.IT Racing
3A. BAUTISTAESPTeam HRC
4S. REDDINGGBRARUBA.IT Racing
5M. RINALDIITATeam GOELEVEN Ducati

 

ホールショットを取り、集団からさっさと抜け出すジョナサン・レイ。
それを懸命に追うレディング。
この2名の戦いかと思われたが、ジリジリと遅れるレディング。
マー君、バウティスタにも抜かれる苦しい展開。

このままレイが独走するかに思われたが、チャズ・デイビスがじりじりと上がって、レイを追走する。
レディングに続き、バウティスタとマー君をもパスし、このままレイを捕らえるか?

だがスマンかった。
じりじりと差を広げられ、万事休す。

と思いきや、ジョナサン・レイ、ここでまさかのグリーンベルトを踏む痛恨のミス。
なんと言うジョナサンのミス。

だが、特に何事も無くさらりと優勝。
ちょっとくらいミスっても特に何事も無い。

 

2位にデイビス、3位にはホンダ移籍以来初表彰台のバウティスタ。
ホンダに取っては2017年のラウジッツでのニッキー・ヘイデン以来の表彰台。
長かった。
本当に長かった。
おめでとう。

 

これにより、再びランキングトップへ帰り咲いたジョナサン・レイ。
ポイント差は10ポイントへ。

次は再びアラゴン。
アラゴン2連戦のテルエルラウンド。
次も何事も無くジョナサン・レイが制するか、レディングが意地を見せるか。
そして何かと良い思い出の多いデイビスが、再び良い思い出を作るのか。

次週、テルエルラウンドをお見逃し無く。

 

 

MOTOR CYCLE

Posted by tommy