テルエルGP FP2

2020年10月24日

TERUEL MOTOGP, ARAGON – FREE PRACTICE (2) RESULTS
POSRIDERNATTEAMTIME/DIFFLAPMAX
1Takaaki NakagamiJPNLCR Honda (RC213V)1’47.782s17/18346k
2Maverick ViñalesSPAMonster Yamaha (YZR-M1)+0.175s18/18345k
3Cal CrutchlowGBRLCR Honda (RC213V)+0.329s17/18347k
4Fabio QuartararoFRAPetronas Yamaha (YZR-M1)+0.382s18/18343k
5Joan MirSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)+0.400s17/20341k
6Alex RinsSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)+0.408s18/19343k
7Iker LecuonaSPARed Bull KTM Tech3 (RC16)*+0.578s17/18345k
8Aleix EspargaroSPAAprilia Gresini (RS-GP)+0.644s14/15342k
9Pol EspargaroSPARed Bull KTM (RC16)+0.657s11/18342k
10Alex MarquezSPARepsol Honda (RC213V)*+0.661s18/19343k
COMBINED PRACTICE TIMES:
POSRIDERNATTEAM
1Takaaki NakagamiJPNLCR Honda (RC213V)
2Maverick VinalesESPMonster Yamaha (YZR-M1)
3Cal CrutchlowGBRLCR Honda (RC213V)
4Fabio QuartararoFRAPetronas Yamaha (YZR-M1)
5Joan MirSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)
6Alex MarquezESPRepsol Honda (RC213V)*
7Alex RinsESPSuzuki Ecstar (GSX-RR)
8Iker LecuonaESPRed Bull KTM Tech3 (RC16)*
9Aleix EspargaroESPFactory Aprilia Gresini (RS-GP)
10Pol EspargaroESPRed Bull KTM Factory (RC16)

 

かれこれ何度目だろうかのセッション1位。
そして初の1日目トップは我らが中上君。
もはやすっかりお馴染みの店長パネルをゲット。
心なしか、この開幕時から何も変わってない筈のパネルの写真にも大いなる自信が漲る、ような感じさえ抱いてしまう。
この今にも出汁への飽くなきこだわりを熱く語るつけ麺屋店長のような、そんな揺ぎ無い自信が。
タイムは47秒782。
先週のQ2では47秒759で7番手グリッドだったので、これからもうちょい上げれたら1列目も十分に狙える、かも知れない。

FP1でトップタイムを出した覚醒のアレックスは、最後にザルコに妨害されてタイムアップ成らず。
ちょいプンスカ怒ったけれど、仕方無いので明日の仕切り直しへ。
でも総合では6番手なので、まずまずの結果か。
Q2も十分に残れそう。

好調のホンダ、スズキと共に、ヤマハもここに来てポジションアップ。
ビニャーレスが2番手、クアルタラロが4番手とこちらもまずまず。
なお、このレースもロッシさんは休場。
代役参戦は無し。

一方、先週に引き続き今週も沈没のドゥカティ。
トップのザルコが13番手、他の5人のドゥカティライダーは、一番下から順に5人が並ぶ絶望の展開。
路面温度なのか、もっとどうしようも無い問題を抱えてるのか。
ともかく、浮上の兆しは全く見えぬ沈没丸な様相。
下手したらこのままの位置で日曜日が終わりそうなので、どうにか一発イイ所を魅せたって欲しい所だね。
特にドヴィさんには。
....どうだろうなぁ。
もうメンタルがなぁ.....。

 

と言う訳で、明日のFP3~予選へと続く。
中上君のフロントロー獲得を大いに期待しよう。

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY