スズキも遂に羽付きへと

 

0423suzuki

ついにスズキも、このヘレスで羽が付いた。
ドゥカティより始まった最近のMotoGPクラスでの羽付きムーブメントは、ヤマハは早々に、ホンダまでもが真似し始めて、そして遂にスズキまでもが。
まだテスト段階っぽいので、本格的には次戦以降か。

もっとも、羽付きと言えばその昔にバリーシーンが乗ってたRGBにも付いてたので

べ、別にドゥカティの真似してるんじゃ、ないんだからね!

と言えなくも無い。
言えなくも無いけど、言わない方がイイだろうなぁって思う。

でもどうなんだろう?
この美的とは程遠い羽付きデザインは。

0423s_99

ヤマハのは結構切れ味良さそうだ。

このウイングレットの安全性については、ペドロさんが常日頃から言ってる事。
良く他人に突っ込まれたり、他人に突っ込んだりしてるので、安全性には言いたい事は沢山有るのだろう。
勿論強度は抜群に高い。
ベニア板チューンのクレスタじゃ無いのだから、強度は抜群だ。
そんな羽の付いたバイクが突っ込んだ先に首が有ったら、ちょっと想像したく無い光景が目に浮かぶだろう。
まぁ、バイクが突っ込んだ先に首が有ったら、羽生えてようが無かろうが大差無い気もしないでも無いけど。

でも、安全性においてはMoto2、Moto3では禁止されてるように、やはり懸念に思ってるライダーも多いのだろうとは思う。
ペドロさん以外にも。

0423pedo

でも、そんなペドロさんとてウイングはこのヘレスで大きくなったので、やっぱり何かしらの効果の面では使いたいんだろうね。
ペドロの心は揺れ動く。

この前、マルケスのカメラをイアンノーネのウイングが空手チョップして破壊したとか。
そんな話も有るので、そのうち何らかの展開は有るだろうと思う。
重大事故が起きたりしたら。

事故起こる前にどうにかしろって?
それは….どうだろう?

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする