工具はやっぱり小さい方が良い

0228kni

 

私の長年愛用するプライヤーは、クニペックスのアリゲーター180。
一緒に写ってるエネループ(単三)はただのサイズ比較なので特に意味は無い。

180って名の通り、全長は180mm。
一般的な250に比べると随分小さい。
だが、この小ささが素晴らしい。
やはり工具は小さい方が良い。
小さいにも限度は有るけれどね。

 

クニペックスにはプッシュ調整タイプのコブラも有る。

8701125-00-1

アリゲーターとの大きな違いは、真ん中のボタンを押して調整するか、ガコガコと穴を移動させて口の開きを調整するか、の違い。
ボックスジョイント部分の構造自体も違うけれど、使う上での違いはそれ。
今はもっぱらコブラが一般的なのかな。
世間的にも、クニペックス的にも。

こちらには、125に続きなんと100なんてプチサイズも用意されているのだ。
使った事は無いけれど、小さな工具愛好家としてはちょっと気になるプライヤーだ。

コブラ150は何度も使った事は有り、それもかなり良好な使い勝手だった。
だけど、もっぱら私が使うのはアリゲーター。
慣れたらストリートギャングのバタフライナイフ捌きの様に、片手で意のままに開口を調整出来るのが使いやすい。
最大や最少で使う場合は安定してるのだが、一方で中間位置ではジョイント部分がふいに動く事も有るのでちょっと使い難いかもね。
ボタンでロックされるコブラが愛用されるのはそれが理由。

でも私の場合はプライヤーを幾つか使い分けるので、180の最小モードで口の開きが足りなきゃ大きなプライヤーに持ち換えるのが通常。
基本的にはね。
でも、一方で時には最大でも使う事も有ったりする。
180使ってて、250に持ち換えるのが邪魔臭い時なんかには。
いきなり前言を撤回しちゃってるけど、人の行動なんてのは一貫性は無いもんだよ、スマンかったね。
でもやっぱり180サイズでは中間はあんまり使わないのは間違い無い。
だから私は片手で一気に最大にも最少にも出来るアリゲーターが好きなのだ。
ちょっと安いし。
まぁちょっとだけよ。

中間位置も使う250サイズならコブラかな。

 

なお、コブラクイックセットは残念ながら250しか存在しない。
結構使い易いのにちょっと残念だけど、250サイズ以外は結局やっぱりどうせ最小でしか使わないからどうでもイイっちゃどうでもイイのかも知れない。

何だかんだ言っても基本サイズは250で有る事に違いは無いとは思う。
最初の一本は、やっぱりどう考えても間違いなく250サイズ。
だが、バイク整備においては必ずしも250で有る必要性の無い場合も多々有る。
ラジペンではちょっと頼りないけれど、250は大袈裟だよねって場面。
そんな時にはこのアリゲーター180が非常に使い易い。

この小ささが素晴らしい。
やはり工具は小さい方が良い。

KNIPEX(クニペックス) ウォーターポンププライヤー コブラ 180mm 8701180

新品価格
¥3,582から
(2020/12/28 10:18時点)

クニペックス KNIPEX 8801-180 アリゲーター ウォーターポンププライヤー (SB)

新品価格
¥3,103から
(2020/12/28 10:18時点)

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY