レディング2連勝

レディング爆発!

  1. Scott Redding GBR Be Wiser Ducati 18 laps
  2. Xavi ForesESP Honda Racing ++0.275s
  3. Tommy Bridewell GBR Oxford Racing Ducati+1.523s
  4. Josh Brookes AUS Be Wiser Ducati +1.740s
  5. Tarran Mackenzie GBR McAMS Yamaha +1.791s
  6. Christian Iddon GBR Tyco BMW Motorrad +2.845s
  7. Jason O’Halloran AUS McAMS Yamaha +5.399s
  8. Hector Barbera ESP Quattro Plant JG Speedfit Kawasaki +5.583s
  9. Peter Hickman GBR Smiths Racing BMW +6.515s
  10. Keith Farmer GBR Tyco BMW Motorrad +8.054
  11. Danny Buchan GBR FS-3 Kawasaki +9.546s
  12. Andrew Irwin GBR Honda Racing +9.693s
  13. Bradley Ray GBR Buildbase Suzuki +10.231s


トリプルヘッダー、つまり3回もレースする(予定)の今回のドニントンパークラウンド。

レディングが初勝利を遂げたレース1。
そして続くレース2は、あいにくの空模様で降雨により赤旗中断。
だがそこは百戦錬磨のレディング。
公私共に色んな経験を積んできたレディング。
踏んできた修羅場の数が違うぜとばかりに、中断直前に昨年までSBKでドゥカティ第3の男と言われたシャビ・フォレスを抜いて2連勝。

ポイントリーダーのマッケンジーは5位。
そして代役参戦のバルベラが8位。
昨年の前半はとても調子の良かったモジャモジャした人は13位。
昨年前半の爆発力は何だったんだろう。
と、大体こんな感じ。

ともかくレディングが2連勝を遂げたドニントンパーク。
これを書いてる時点ではレース3はやるのかどうかも解らない状況だけど、レディングはこの流れに上手い事乗って欲しいなと、そう思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする