motoGP ルーキータイトル争い~オランダGP

レースって見てるだけで疲れるものなんだね。
改めて思った、昨日の夜の事。

いやぁ....
後半戦、昨年幻のポディウムに終わったレッドブルリンク2連戦に期待しよう。
次ぎこそは幻に終わらないように。

さて、レースの方は、クアルタラロの圧勝。
もはや王者まっしぐら。
2位に、今回は好調を最後まで維持したビニャーレス。
スタートをミスらなければ状況は変わってたかも知れない。

昨年、そつ無く走って王者を獲得したミルが、ここでもそつなく3位に入る。
何だかんだでジワジワ上げてきて、ランキング2位も狙えるかも。

モルビデリの代役参戦のギャレット・ガーロフはGPの洗礼を浴び、ロッシさんは転倒リタイヤ。
このリタイヤがトドメと成るか。
てか、もう話は終わってると思うけれど。

DUCATIは、ザルコが4位。
バグナイアはロングラップペナルティが響き、ミラーはマシントラブル。

KTMはオリベイラが5位に入ったものの、ビンダーは今回は目覚める事なく深い眠りに着くいたままレースは終わる。

ちなみに、私が優勝候補に挙げてたリンスは、スタート早々にどっか行っちゃった。
ブックなんちゃらを買って無くて本当に良かった。
本当に良かった。

 

MotoGP 2021ルーキータイトル

順位ライダーQATDOHPORSPAFRAITACATGERNED総合
16Enea Bastianini6 (10)5 (11)7 (9)2 (14)6 (10)(16)1 (15)27pt(16)
17Jorge Martín1 (15)16 (3)2 (14)4 (12)23pt(18)
22Luca Marini(16)(18)4 (12)1 (15)4 (12)(17)4 (12)1 (15)– (18)14pt(20)
24Lorenzo Savadori(19)(20)2 (14)(19)1 (15)1 (15)– (16)4pt(23)

( )内は順位

 

さて、大して誰も注目してない今期のルーキータイトル争いは、バスティアニーニが1円玉貯金をしただけで、残念ながらお通夜モード。
マルティンはハードクラッシュの影響がまだ抜けて無いので、サマーブレイク明けの巻き返しに期待しよう。

ルカは、来期のVR46構想の一角と成る予定なので、もうちょい気合入れなきゃ成らないか。

サバドーリは....
再就職、かな。

 

ロッシさんの決断、そしてビニャーレスの移籍問題。
ヤマハはこのサマーブレイク中に動きが有りそう。
そんなこんなで、次ぎはちょい間が空いた8月8日のレッドブルリンク。
今回こそ幻で終わらない事を期待しよう。