スポンサーリンク

仁義無きGP17争奪戦 ラウンド3

 

来期、デスモセディチGP17をもう一台提供するよ

この、ドゥカティによる突如の発表に端を発したGP17争奪戦。

一台のバイクを奪い合うのは、現状1年落ちのマシンで戦うプラマックの2人。
レディングとペトルッチの二人。
来期は一人がGP16に乗り、そしてもう一人は最新のGP17に乗る事に成る。
残酷だけど、レースとは非情な物なのさ。

0907petscot

ルールは簡単。
イギリスGPから、最終戦のバレンシアまでの間で成績の良い方がGP17をゲットする。
チームメイトの二人で争い、勝った方が最新のGP17をゲットする。
そんな解りやすく、そしてとても残酷なルール。

イタリア人だとイギリス人だとか、男前だとかスケベ顔だとか、そんな事は関係無い。
ただ速い者が最新のマシンを得る。
そんなシンプルなルールだ。

果たして、ファクトリー待遇を受けれないサテライトのライダーが、最新のGP17を与えられて生かし切れるのか?
昨年のデータの蓄積が有り、そして優勝した実績も有るGP16の方がサテライトには良さそう、かも知れない事なんてこの際そっちに置いておこう。
とにかく、畳とパンツは新しい方が気持ちイイのと同じく、最高峰のGPマシンはやっぱり新型の新車に限るのだから。
中古車ばっか乗せられるサテライトライダーには尚更の事だ。
嗚呼、憧れの新車が僕の手に。

ダニロ・ペトルッチ

スコット・レディング

イギリスGP
9位(7pt)
17位(0pt)
サンマリノGP
11位(5pt)
15位(1pt)
アラゴンGP
17位(0pt)
19位(0pt)
日本GP
オーストラリアGP
マレーシアGP
バレンシアGP
合計ポイント
12pt
1pt

現在までの戦績はこちら。

ご覧の取り、ペトルッチの12ptに対してレディングは1ptと劣勢が続く。
同じくサテライトのホンダのクラッチローはこの3戦で39pt稼いでる事を考えたら、余りにも戦闘高度が低い気がしないでもないけれど、ともかくこの2人で良い成績を上げたほうが勝ちだからそれで良いのだ。
例え15位争いしてても、1ptでも多く取った方が勝ちだからそれで良いのさ。

アラゴンでの1周目にまさかのレディングとペトルッチの接触によりレディングは転倒、ペトルッチはライドスルーペナルティと、遺恨はますます深まるばかり。
二人の男達の、地べたを這い回りながらの低高度での戦いは、まだもうちっとだけ続く模様。

MotoGPクラスのタイトルはほぼ決まった感は有るが、このGP17争奪戦はまだまだこれからが本番だ。
テレビには余り映らない所での、男達のドロドロと、そしてイチャイチャした戦いから目を離すな。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする