2017年MotoGP カウルに関するレギュレーションをスッキリと

 

ウイングレットがレギュレーションにより禁止となった今期。
そのウイングレットが無くなったカウルについてはテストで色んなデザインが披露されてきた。

ホンダはこんなやっつけ仕事のカウルテストもしたりしながら。

s_motogp-qatar-march-testing-2017-marc-marquez-repsol-honda-team

あくまでテストなのでこんな不細工な形には成らないだろうけども、ウイングレットを如何にレギュレーションをクリア出来るよう内包するか?
それを各チームあれこれ考えてたみたいな。
やっぱ、一度得てしまったウイングレットの効果は手放したく無いみたい。

s_93-marc-marquez-esp5ng_2497.gallery_full_top_lg

で、結局カタールのFPでお披露目されたのは、極めてスッキリしたデザイン。
良かった。
考えすぎてX-32(戦闘機)みたいな形になったらどうしようかと思ったわ。

 

X-32ってコレ↓

x-322

x-321

X-35(後のF-35)と次期制式戦闘機争いを繰り広げた試作実験機。
エンジンがどうの、垂直離着陸が何だとそれっぽい理由は着けられたが、落選の理由は誰でも一目で解るだろう。
私の口からは何とも言えない。
言えやしない。

このX-35とX-32がテストしてた当事、米軍の広報だか整備だかに所属してた知り合いが居たのだ。
勿論アメリカ人。
私と知り合ったのは軍を辞めて転職した後での事だけど。

その人が言うには、結構大きな話題として取り上げられてたらしい。
X-32が正式にF-16の後継機として採用されたら、空・海・海兵隊のパイロット志望者が激減するんじゃ無いかって。
そんな話が実しやかに。
嘘か真か知らないけれど。

そりゃゾックがジオンの主力モビルスーツに採用されたら、ジオンも人不足に成りかねないだろう。
気持ちは解る。
あんな短足に命預けるのは嫌だよね。

パパはゾックに乗ってんだぞ!と
と我が子に誇っても、肝心の我が子は苦笑い必至だ。
ゾック....ですか?って。

f977cfbf

と、まぁMotoGPマシンが色々考えすぎてブサイクに成ったらどうしようかと思ったが、各チームともに意外とスッキリした形を持ってきたみたい。

s_99-jorge-lorenzo-esp5ng_4585.gallery_full_top_lg

凄い形のカウルをテストしてたドゥカティもスッキリデザイン。

s_25-maverick-vinales-esplg5_2957.gallery_full_top_lg

ヤマハも同様、結局は結構スッキリした形。

s_44-pol-espargaro-esp5ng_4889.gallery_full_top_lg

そもそもウイングレットの概念を持たないKTMは、勿論非常にスッキリした形。

Sam Lowes, Aprilia Racing Team Gresini, Grand Prix of Qatar

なお、今期のレギュレーションでは、カウルは2種類しか使え無い事になっている。
つまり、開幕前に登録した2種類のカウルのデザインをシーズン途中で変えれないって事。
途中で何か思いついて、ゴロっと形変えてみようと思った所でどうにも成らんって事だ。
それは来期から使いなさいってルール。

だから必然的に、あまり野心的なカウルは使いにくいと考えられる。
あまりに妙ちくりんなサイケデリックなカウルでシーズン通せよと言われたらちょっと困ってしまうから。

これは、カウル1枚作るだけでえらい金が掛かってしまうので、カウル開発も程ほどにしましょうよって理由。
FRPの型にハンドレイアップでカーボンシートをエポキシでぺたぺた貼って作ってる訳では無いので、普通に作るだけでかなりの金が掛かって中々大変な訳だ。
走る度に財布が薄くなるチェッキネロさんは大変だと思う。
走る度にカウルが砕け散るので大変だ。

量産するだけで大変なのだが、デザイン変更と成るともっと大変。
流石に金型は作ってないとは思うけど、それでもオートクレーブでの加圧加熱成形に耐えれる型を作るにはそれなりのコストは掛かってしまう。
カウル開発に関してはチェッキネロさんの財布は特に薄くは成らないだろうけど、まぁ金掛かって仕方ないわって話。

だから基本的に今期は大幅な形状変化は無い。
だが今期のシーズン通してのデータを参照に、来期以降に大幅な変化が見られる、かも知れないけど余りブサイクなのは勘弁して下さいと願う。

スッキリがイイと思うな、やっぱスッキリが。
やっぱり、未来のMotoGPライダーと成る少年達が憧れる、格好良いデザインに纏めて欲しいなと切に願うばかりだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする