スピードメーターはアナログに限る

 

Suzuki Hayabusa 09 GSXR1300R – Top Speed

その昔、ZZR1100と言うバイクが世に出たときの事。
みんなあのバイクのスピードメーターを見て驚いたもんだ。
320km/hまで刻まれた、あのスピードメーターを見て。

大体聞かれる事は2点

・320km/hも出るの?

・何キロ出した事有るの?

大体この2点。

それをどう答えようと個人の自由な訳だが、丸々したバイクに乗りながらもちょい尖がって生きたい年頃のお兄さんからしたら

ああ、この前高速で出したよ、300km/hくらいは

等と、口を尖がらせながら軽く言ってみたく成る気持ちも解らないでは無い。
そんな意地っ張りな生き方を責めたりなんかしない。
責めたりなんか、しないよ。

 

実際、ZZR1100が320km/h出るのかどうかについては、ZZR1100で100km/hしか出した事の無い私には何とも言えない話なのだけど、少なくともハヤブサなら出る。
メーターの目盛り、280km/hからさらにちょい先のスピードまでは確実に出る。
恐ろしいバイクだね。

だからハヤブサの場合は言い切れる。

280km/hも出るの?

と聞かれたら

ああ、ちゃんと280km/h出るよ

と。
即答出来る、言い切れる。
出した事無くても言い切れるさ。

セローですら随分前からデジタルメーターな時代。
でも停まってたら0しか表示しないデジタルメーターならこんなやり取りは出来ないので、折角の巨大なバイク乗ってんだから、大台まで目盛りが刻まれたアナログメーターがやっぱりスペシャルな感じが満点でとても良さそうだ。

ボクのハヤブサは280km/hまで出るんだぞ!

なんて宣伝する必要性なんて一切皆無、だとしても。

Kawasaki ZZR1400 topspeed run @ Autobahn part 4

この紐は何なんだろう?
ってのはさたおき、ハヤブサにせよZZR1400にせよ、メーターに記載される280km/hは確実に出るのは言い切れる。
ココをご覧の善良なる皆様は出す事は無いだろうけど、テストコースや海外の高速道路ではちゃんと出てるので間違いは無い。
サーキットはどうだろう?
さぁ、きっと無理じゃ無いかな、サーキットだけに、とか言ってみたりする。

でもそれはハッキリと言い切れる事だ。
出す事は無くても出る事は間違いなく言い切れる。
280km/hは確実に出るよと言い切れる。

だが

何故280km/hも出るバイクなんか乗ってんの?

って聞かれたら、少なくとも私はそれに対する適切な返答は思いつかない。
とても困った疑問だね。
そんな事言われても....って。

小学生に、赤ちゃんってどうやったら出来るの?って聞かれたり、あの仏壇屋の看板ははなんでヨーロッパの国旗みたいな色なの?と聞かれても適切な返答が出来ないのと同じく、なんで280km/hも出るバイク乗ってるのかと改めて聞かれても、それに適切な返答を行うのはちょっと難しいと言わざるを得ない。

誰に聞いた所で

そんなん放っとけ

としか言いようが無い話だね。
ああ、ごもっともだ。

ちなみに、赤ちゃんがどうやって出来るのかと、時折見かける仏壇屋は何故あんなルーマニア国旗みたいな色なのかは知らないので答えようは無い。
知らない、知らない、知らないよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする