二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

そうだディーラーへ行こう

   

 

人は誰しも未知の事柄、初めての経験を前にしたら右往左往としてしまうもんだ。

例えばPCの組み立て
例えば撃ち殺したイノシシの解体
例えば葬式に結婚式

予備知識皆無な状態でいきなりやれと言われても、どれもこれも困ってしまう。
まぁ葬式以外は予備知識も準備も無しにいきなり行う事はそうそう無いとは思うけれど。

大体は準備を整え、気持ちの整理と環境も整えてからの実践と成るだろう。
十分に下調べと準備して、そしてドキドキしながら始めての日を迎える事だろう。

でもまぁそんなの最初だけ。
初めての時はドキドキしても、二度三度とやってりゃその内に慣れてくるだろうしね。
私の周りにもぽつぽつと居る。
イノシシ解体成れしてる人も、自作PCの組み立て慣れしてる人も、そして結婚式を3度も挙げたベテランも。
....えっと....

 

 

バイクに乗り始めた当初。
周囲にサポートしてくれる人が居るならば安心だろうけど、そうでは無い場合、つまり全くの自分ひとりでバイク生活のスタートを切る場合、右も左も解らなくて何かと困る事が多々有るだろう。

今はネットで検索したら有る程度の情報が簡単に得られ、そして欲しいバイクも用品も簡単に手に入れる事が出来る時代。
だが、25年程前ならば話は別。
NSR250のセンターシールがあーだこーだ、なんて事を言われても全く何のこっちゃか理解出来ない人も多かっただろうし、そもそもVツインエンジンのクランクセンターのシールが抜けるなんてトラブルが起こる事すらも、そこらの民間人の多くは知る術も無かった時代だ。
情報なんてバイク雑誌か自称バイクに詳しい先輩くらいしか無かった時代、余程積極的に情報収集しない限りその辺りのコアな部分を理解する事は出来ない。
まして自力でどうにかする、なんて有りえない話だ。

そんな時、頼りになるのはやはりバイク屋さん。
それもホンダならホンダ、ヤマハならヤマハのディーラー系ショップが何かと安心感は高い。
ディーラー系なら絶対大丈夫、なんて事は勿論言い切れないのだけど、少なくとも自称バイクに詳しい先輩にモンキーレンチでエンジンを分解されるよりは遥かにマシな結果が得られる。
ディーラー系なら大体大丈夫。

それは現在とて話はそう変わらない。
それなりに場数を踏んだ人は別として、少なくともまだ右も左も解らない人の場合は、やはり何かと安心なディーラー系ショップでバイクを買い、そして何か有ればそのショップに相談するのが最善の道だろうと思う。
調べりゃ色々解る現代においても、ディーラー系ショップは強い味方と成ってくれる。

ネジをどっち回したら緩むか知らないレベルの人が、メルカリで買った壊れたバイクを知恵袋で聞きながら直す、ってのも本人が選ぶならそれはそれで結構なのだけど、いきなり超ハードモードから始めても多分楽しくないと思うので、最初はイージーモードから始めるのが良いと思うな。
いきなり全裸で茨の道からスタート切るのは中々大変だ。
エスコン初見の人がいきなりソーサラー隊Aceモードをやってもきっと楽しく無いだろうしね。
ん?古い??
いやぁ、そう言われても私のエスコンはゼロが最新版なんだ。
ごめんね。

 

と、まぁそんな訳で、右も左も解らない人、或いは調べ方の知らない人、そして調べるのが面倒な人。
それらの人は素直にディーラー系ショップのお世話に成るのが一番確実な道だろうと思う。

 

だが....

続く

 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - MOTOR CYCLE