ケチ!わが国のケチ!

キャッシュレス決済を推し進めるわが国の政策。
なんとかpayやらなんちゃらpayやら、もう何が何だか良く解らない程に乱立してる昨今。
皆様は何を使ってるだろうか?

ちなみに私はクレジットカード使ってる。
結局、どう考えてもこれが一番便利な気がする。
個人の感想です。

さて、そんなキャッシュレス決済を推し進めるわが国は、実は税金や公金の幾つかはクレジットカードで決済出来るのだ。

ちゃんと書いてある。

だが、ちょっとした留意点が有る。

こちらは兵庫県の自動車税カード払いに対する留意点のまとめ。

いちいち開けるのさえ面倒だぜって、そんな方にさらっと説明しておくと

●カード決済はネットのみ。金融機関やコンビニなどの窓口ではカード決済は出来ない。

●領収証書は無い。

●自動車税種別割納税証明書は発行されず、また3週間は納税確認が出来ないので、納税後すぐに車検を受ける必要の有る方は金融機関等で現金納付する必要が有る。

●納付期間は6月1日23時59分まで。

●税込み330円のシステム利用料が必要。

直近1ヶ月くらいの間に車検の無い人は特に問題には成らない。
わざわざ出掛けなくても、自宅で済ませれる簡単決済。
最後の税込み330円のシステム利用料が必要って点を除いて。

1納税につき別途330円の手数料が必要って事。
10台持ってたら3300円必要だ。

これは自動車税に限った話では無く、市町村税から健康保険料まで、各種公金をカードで決済したら、概ね1%程度の納税者手数料が必要に成ってくるのは一般的。
Yahoo!公金を採用してる自治体も多いけれど、1%程度が別途必要な場合が多い。
自動車税は一律だけど、他の多くは納税額によって手数料は変動する場合が多いみたい。

その手数料の徴収に関して、東海市のウエブサイトにはこう書かれている。

Q7 システム利用料とはなんですか?
システム利用料は、納付サイトを利用してクレジットカードにより東海市税を納付する際に必要となる手数料です。
なお、システム利用料は東海市の収入になるものではありません。

Q8 システム利用料がなぜかかるのですか?
クレジットカードの決済手数料はカード加盟店が負担していることが多いですが、納税は売上代金と異なり、法令の定めに基づき一定の金額の納税義務が発生するものとなるため納税者の負担としています。
先頭へ先頭にもどる

Q9 なぜクレジットカードで納付した場合のみシステム利用料(手数料)が発生するのか?
口座振替や納付書での納付では手数料を市が負担していますが、クレジットカードの利用はポイントサービス等の還元があることが多く利益が発生することから、他の納税方法を利用する納税者との納税の公平性を保つためのものとなります。

※手数料については、総務省から通知が出されており、この通知に基づき取扱いをしています。

東海市公式ホームページ

以上、解ったような解らないような事が書いてるけど、まぁそんな感じ。
レストランで客にカード決済手数料を上乗せしたらJCBに通報されて面倒な事に成ってしまうけれど、公金はそれで良いみたい。
それで良いのだ!って総務省が言ってるんだからそれで良いみたい。
解ったような解らないような話だけど。

たかだか330円だけど、されども330円。
ガソリンなら3リッターも入らない程度のたかが知れた金額だけど、それでもセローなら我家から明石まで行って帰ってこれる位に走れるので意外とバカには出来ない金額だ。
330円の全予算なら、明石まで行った所で、タコヤキの一つも食べれないんだけど。
でもそれが330円。
たかだか330円だけど、されども330円。
誰も330円なんてくれないからね。
たかだかと、中々バカには出来ないもんだよと、小銭に意地汚い私はそう思う。

結局の所、解ったような解らないような感じだけど、やっぱり言いたい。
わが国のケチ!
と。

結局、PayPayで支払うのが最適解なのかも知れない。

群馬県、茨城県、富山県、石川県、長野県、静岡県、奈良県、鳥取県、岡山県、愛媛県、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県
の方は。

家にいたまま24時間支払い可能。公共料金や税金の支払いはPayPay請求書払いで!対応支払い先は今後も順次追加予定です!

兵庫県民はスマンかったとの事なので、細かい事をグズグズ言ってないでさっさと郵便局へ行こうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする