機材ドーピング事件~疑惑の波はカンチェラーラの足元へは押し寄せない


終わる兆しの無い、例のシクロクロスでの機材ドーピング事件。
故意だったのか過失だったのかは、別に私は少年探偵じゃないので特に指摘するつもりは無いのだけども


流石にカンチェラーラは使ってないと思う。
否、この人がモーター使ってたらえらい事だ。

 

鼻に電池仕込んで足のモーター動かしてるっぽい気はしないでも無いけど、流石にこれは無い。
有ったらえらい事だ。

ちょい前からこの手の噂は絶えないけど、今回のシクロクロスの件であながち都市伝説とは言えなく成った感も無きにしも。
でも流石にカンチェラーラは無い。
それは無い。

でもあのモーター自体はちょっと本当に欲しかったりするのは内緒。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする