物事は一瞬でチェケラ☆

物事が変わるのは一瞬だと、そう言ってたプロレスラーが居る。
彼がどう変わったのかは皆様それぞれが勝手に考えて頂ければ結構なんだけど、物事はほんの一瞬の事で、ほんの小さなちょっとした事で大きく変わるのは珍しい事では無い。
事と次第による話では有るけれど。

バイクや車の事故なんかもほんのちょっとしたタイミングや、ほんの小さなミスが起因する事も多い。
ほんの一瞬のタイミングで出会い頭の事故を起こしたり、ほんの小さなミスで転倒したりとか。
ほんのちょっとってレベルじゃねぇーぞって場合も有るだろうけども、ただただ運が、タイミングが悪かったって事もまた。

たった一発誤射しただけで若くしてパパに成って人生設計が方向転換した人も居るだろうし、たった一回油断してクリックしただけでマルウエアに悩まされたりなんて事も珍しく無い。
ミネバ・ザビが父親似だったら、ただ単にそれだけの事で、ガンダムユニコーンの話はきっと違う展開に成ってただろう。
親父クリソツなヒグマみたいな女の子が上から落ちて来てもバナージ少年はどう動くかは解らないし、グリズリーみたいな女の子がオードリーと名乗っても正気を保てるかどうかは解らない。
幾ら人類の革新と言われるニュータイプと言えども半笑いを止めるのは難しい。
つくづくママの遺伝子が強くて良かったと思うばかりだ。

この世の中、時間を掛けて少しずつ移ろい変わり行く事が多い。
でも、ほんの一瞬、ほんの一点、ほんのちょっとした事で大きく変わる事もまた、この世には確実に存在する。

道端に開いてた隙間。
アスファルトと路肩のコンクリートとの間に出来た隙間。
どうと言う事の無いほんの小さな隙間。

写真をパっと見ただけでは解り難いかも知れないけれど、実は靴のつま先がハマる程度の幅が空いてたりする。

幅はざっと5cmくらい。
そして底は30cm以上も深かったりする。

さて問題。
夜、暗い車道をロードバイクで走ってる時、前触れ無くこんな隙間にフロントタイヤを落としたらどうなるだろう?
タイヤを切りつけながら暗闇走り抜けてる最中に、この溝にフロントを落としたらどうなるだろう。

答えはコレ。
チェケラ☆

と言う訳で、ほんの小さな隙間に出会ったが為に、ほんの一瞬目の前の路面を見てなかったが為だけで、両手ともチェケラな男と成った悲惨な目に遭った人が居る。
もう大変よ。
両手折るって大変。
たかだか小指、たかだか第五中手骨と言っても大変。
骨もハートも砕け散ってもう大変。

その話は、またいずれの機会に。
それでは皆様、隙間には注意しよう。
自転車乗るときはちゃんと前向いて道路を確認しよう。
ほんの一瞬で、えらい事に成ってしまうのだから。

チェケラ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする