二輪噺

奥様ライダーズ小話ブログ

| 二輪噺について  | Kuota小話  | 二輪噺~virsion-R  | 二輪噺アーカイブ  | ブログランキング  | レディースライダーブログ  | お問い合わせメールフォーム |

年取ったら茄子の糠漬けが美味しくなるもんだ

   

 

何度か書いた事は有るけれど、基本的に今やってるウェブサイトはこのブログだけ。
Twitterもインスタもフェイスブックもやってない。
フェイスブックに関してはソーシャルログインに使う為にアカウントは持っているけれど、名前書いてる以外に何も載せてない空っぽのまま。
やってるのは基本的にこのブログだけ。

基本的に、ってのは、クローズドSNSには出入りしているから。
汎用CMSで作ったクローズドなSNSを。

クローズドSNSとは、文字通りクローズドなSNS。
何のこっちゃって話だけど、まぁ一般には公開してないお友達の中だけのSNSって事。
もっとも、クローズドとは言ってもネットに公開してる以上、やって良い事とそうで無い事の境界ってのは有る。
住所から電話番号から尻の穴まで公開したら何が起こるか解らないので、公開して良い事と悪い事、書いて良い事と悪い事の見極めは必要だ。
何だって良い訳じゃ無い。

 

 

と、ここ最近はそんなクローズドなSNS上でしか顔を合わせない人の一人に、フランス車が大好きな人が居る。
私がまだプジョーに乗ってた頃に良く遊んでた人。
何年も顔を合わせてないけど、SNSではそこそこ交流している人。
免許取得以来、ひたすらにフランス車に乗り、そして今もフランス車に乗る人。
フランスには行った事は無いらしいけれど。

 

バイクには乗ってないのだが昔からMTBはやっていた。
以前は趣味で適当に乗ってただけなのだけど、ここ最近はMTBのレースやイベントにもちょくちょく出るように成ったとか。

レースに出るには車が必要だ。
自走や輪行で行っても良いのだけど、特にMTBのイベントって山の中でやってるので大変。
ってか無理。

と言う訳で自転車を運ぶ車が必要な訳。
プジョーのスポーツハッチバックでも自転車は運べるのだけど、出来れば車内で一泊、少なくとも着替えくらい出来なきゃ便利悪い。
少なくともRCZは無いね。

RCZ

これでも自転車一台運べない訳では無いけれど、車内で着替えするのは大変そうだ。

 

 

取るべき正しい選択は、フルゴネット(Fourgonnette)と呼ばれる種類の車。
フルゴネットとは、主にフランスで言われる商業用ボンネットバンの事。
古くはルノーのキャトル、最近では同じくルノーのカングーや、プジョーのパルトネ / シトロエンのベルランゴ(同じ車)
この辺りのバンを選択するのが正しい道だろうと思う。

ルーフキャリアに積むならそれこそ205GTIでも問題無いのだけど、自転車レース後に屋根に積むのは結構しんどいので、出来れば車内に積み込めるのが有りがたい。
それも、時に埴輪みたいに泥人形化してるMTBを積むので、汚れにくい、或いはちょっと位汚れても気にしなくて済む車が望ましい。

RE_S006_F001_M007_1_L

中でもやっぱり日本での知名度と弾数を考えたらルノー・カングーがベストな選択だと思う。
小さいし、黄色いし、荷物一杯積めるし。
自転車レース用のトランポにはとても良い選択だと思う。

 

と思ったら彼の選択はまさかのモビリオ・スパイク。
6d6d894704d5501143bba5a64d1e2f1c-e1486753244498

安い、丈夫、使い勝手抜群、修理費も安い(カングー比)

このホンダの1.5リッターコンアpクトミニバンは多くの部分においてカングーよりも上回ってると思う。
カングーが上回る箇所も有るだろうけど、自転車を運ぶのにこの車はとても素晴らしい選択だろうと思う。
何しろ安い。
とっても。

 

でも以前の彼なら考えられない選択だったろう。
自動車の選択必須条件第一条に『フランス車で有る事』と言う鉄の掟を背負ってる彼なら、迷わずカングー、或いはパルトネを選ぶのが筋だろうと。
例えちょっと位高かろうと、古い中古フランス車には信頼性に疑問符が着こうと、修理が難しかろうと、パーツの取り寄せにえらい時間が掛かろうとも。
頑なに、意固地なまでにフランス車を選んでただろうと思う。

でも、自転車運ぶだけで250万円出して新車買うのは正直懐が痛い。
かと言って中古のフランス車ってのはギャンブル性が高い。
ステロタイプのイメージでは無く、免許取得以来散々っぱらそのギャンブルに翻弄されてきたフランス車一筋の彼だからこそ、骨身に染みてるのだとか。

ちなみに私もプジョーは3台乗ったけど、特に壊れた記憶は無かったりするんだけどね。
足やエンジンや電気系はおろか、ウインカーやエアコンすら壊れた記憶は無い。
新車だったから、かも知れない。
流石に30万円のカングーはギャンブル性は高そうだけど。

 

総額50万円くらいならどう考えてもモビリオ・スパイクが正しい選択だろう。
仮に壊れても簡単に、そして安く直るしね。
非常に正しい選択だろうと思う。
でもその選択を取れるって事は、彼もきっと年取ったって事なんだろうと思う。
唐揚げとハンバーグとオムライスだけでなく、茄子の糠漬けも美味しく食べれるような年に成ったって事なんだろうと思うな。
もうすっかり大人。

 

ちなみに未だに茄子の糠漬けが食べれない私は、やっぱ自転車積むならミニのクラブマンがイイんじゃ無いかなぁとか勝手な事を思ったりする。
ミニが忘れられない、未だミニから離れられない、とても大きくなったけどミニに未だ心を縛られてる私は、やっぱクラブマンは捨てられない気持ちで一杯。
スズキのエブリィに勝る車は無いよね、なんて思ってる気持ちはひた隠しにして。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank
本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ   blogrank

 - CAR