スポンサーリンク

道端に落ちてる靴って誰が落としてるんだろう

 

幹線道路を走っていると、時折靴の落し物を見かける事が有る。

スニーカーや安全靴や長靴やパンプスやサンダル...
種類は問わず、バイクや自転車に乗ってると良く見かける事が。

一説には、トラックやSUVのサイドステップに置き忘れたのがその原因と言われている。
また、トラックの荷台から落ちたんじゃないか、とも言われたり。

残念ながら私を含めて道端で靴を落とした人は居ないので正しいその理由を知るのは難しいのだけど、まぁ恐らくはこの2つが原因だろうと勝手に考えている。
結局の所は誰がどう言うシチュエーションで靴を落としたんだろうねって想像するしか無いのだけど、私の想像では概ねそんな所だろうと。
流石に運転中に靴を落としたりはしないだろうし。
底が抜けた車ならともかく。
沖雅也か?

等と少々解り難い事も書きつつな私だけど、実は私も靴を忘れた事は有ったりする。
神戸の駐車場で靴を履き替え、そのまま忘れた事は有ったりする。
道端で落とした訳じゃ無いんだけど。

 

車を運転する時は運転しやすい靴に履き替えるのが昔からの常。

その昔に革のゴツゴツしたブーツが好きだった頃が有った。
ホーキンスやDr.Martensなんかのゴツゴツした革のブーツが好きだった。
ゴツゴツして、歩くとボコボコ言う革のゴツいのが好きだった。

でもアレってとても運転し難い。
歩くのも重くてとてもしんどいけれど、車もとても運転し難い。
だから車に乗る時はスニーカーに履き替えてたのだ。
スニーカーって言うか中学校の上靴みたいなペラい靴に。

サンダルやパンプスの時にも当然のように運転時には履き替えるように成り、それが今も続いている。
幾らATと言っても、キャンプ場で履いたらペグの代わりに成るようなヒールの靴では運転しにくいからね。

で、この日も特に珍しくも無い駐車場での靴の履き替えを行ったのだが、まさか靴を積み忘れると言う痛恨のミス。
ミニに乗ってた頃から何度と無く、何百回とやって来た事なのにまさかの靴の積み忘れ。
しかも気づいたのは高速を走って暫く経った後。
もはや後の祭りだ。
なんてこった。

何が困ったって、この日はイベントと言うかパーティーと言うか、ともかくそんなのに顔を出す予定が有った日。
大層な肩書きの方が沢山集まる、中々に肩の凝る催し。
高速乗ってその会場で有る大阪の大きなホテルへ向かってるのはそれが理由。

家に帰るだけならば、あの靴高かったのになぁ....とベッドの上で幼虫の格好しながらグズグズ言ってたり、或いは高速降りて取りに戻るって選択も有り得たのだが、この日はそんな時間も無かったのでまぁまぁ高かった靴は涙を飲んで諦める事に。
お城の王子様は探しには来てくれないだろうけど仕方ない。
今更仕方ないさ。
RX-7Xが2つ買える位に高かったのになぁ。

 

で、さらに何が困ったって、取り合えず靴を買いに行かねば成らないって訳だ。
なんせ夜の街に出没しそうなまぁまぁ派手なスーツを着てる訳で。
ピアノの発表会ってレベルでは無いものの、まぁまぁ派手な格好。
流石にこれでスニーカー履いてる場合じゃ無い。
靴のヒラキで500円で買ったペラペラのスニーカー履いてる場合じゃ無いわ。

余談だけど、運転用にはヒラキのペラッペラのスニーカーが好きなんだ。
歩くのはいまいち適してない場合も有るけれど、ペダルを踏むのにあのペラさが中々に気に入ってるのだ。
裸足に毛が生えた程度のペラいスニーカーがとても気に入っている。
歩くのは...まぁちょいアレだけど。
足の裏にタコ出来そうだし。

従って、靴を買いに行かねば成らない訳なんだけど、これが非常に困った話だったりもする。
なんせ履いてるのは500円のスニーカー。
キャバ嬢みたいな格好に500円のスニーカー履いてJIMMY CHOOを買いに行けってのはかなり根性が要る話だ。
まさに靴買いに行く靴が無い状態。
出世魚みたいに、東京靴流通センターともう一軒くらい挟もうかとちょっと思ったくらい。
まぁこのパーティーに行く格好で東京靴流通センターに行くのも、それはそれで根性要るんだけどね。
演歌歌手の営業みたいだし。

そんな小さな思い出も有ったりするのだけど、流石に靴を道端で忘れた事は無い。
スリッパでバイクに乗ってたら落とす可能性は大いに有り得そうだけど、きっとそんな日は来ないからきっと道端で落とす事は無いと思う。
私の今までの、そしてこれからの活動パターンを考えたら、きっと道端で靴を落とす事は無いと思う。
駐車場は....それは何とも言えないな。
無い事を祈りたいし、無い事を心がけたいとは思っているけれども。

と、そんな事を昨日神戸で見かけた靴の忘れ物を見て思い出した。
縁石にキチンと並べられた靴を見て。

道端に転がってたのを、誰かが縁石にキチっと並べたのか?
或いは私のように靴を脱いで、或いは履き変えて車に乗り込み、積むのを忘れたのか?
もしくは自分で靴をキチっと並べてから縁石から飛び降りたのか?
そんな先立つ不幸は許さない。

結局、その辺りの事は解らない。
これからも、きっと。

まぁ要するに、道端に落ちてる靴って誰が落としてるんだろうね?
ってお話。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする