結局、運転中は通話しない方が良さそうだ

『ギャーーーース!!!』

と、まるで便器から豚が顔出した時のような音が響いたのは、携帯電話の向こうからの事。
まだパコパコしてた、あるいはパコパコすらしてなかった、随分昔の事。

電話の相手はとある知人。
自動車の運転中、正確には自宅から出発する最中での事。

当時は自動車運転中の携帯電話使用の罰則は無かったのか?
それともやっぱり有ったけど電話してたのか?

詳しい話は覚えてないけれど、ともかく車庫から車を出す最中の電話。
何もそんなタイミングで電話掛けて来なくたって....って思うのだけど、そんな事を私に言われても困っちゃう。

『ギャーーーース!!!』

と、まるで便器から豚が顔出した時のような音が響いたのは、まさにその瞬間。
電話しながら玄関先の車庫から車を出してたら、真横の電柱にドアを盛大に擦ってギャーーース!!!って悲しい出来事が巻き起こった。
後世まで語り継がれるギャースの悲劇。
そのギャースの雄叫びの発生場所は、ドアなのか電柱なのかドライバーなのかは今に成っても定かではないのだけど。

幸いにして、今まで車を擦った事は無い。
その昔のミニ乗ってた頃から、トランポや4tトラックやらを含む今の車に至るまで。
林道アタック用のポンコツジムニーを除いて擦った事は無い。
ジムニーは仕方ないんだよ。
時に車幅より狭い林道を無理やり通るんだから、手品でも使わない限りそりゃ無理な話だから。

そんな訳で、駐車場で隣の車を破壊して警察のお世話に成った事も、柵を壊したりコンビニに突っ込んだ事も無い。
電柱に擦った腹いせに、世界中に電柱像を建て回ったりもしてない。
幸いに、あくまで今現在までは事故も、そして駐車場や縁石なんかに擦った経験は無い。

でもともかく私は思う。
車の運転中に電話するのは止めておこうと。
バルキリー操縦中に女の事でからかう事と同じく、運転しながら通話なんかしてたらロクな事無さそうなので止めておこうと心に誓った。
罰則も厳しいしね。

Bluetooth ヘッドセット5.0 ワイヤレスブルートゥースヘッドセット 高音質片耳 内蔵マイクBluetoothイヤホンビジネス 快適装着 ハンズフリー通話 また日本技適マーク取得品/(黒い)

新品価格
¥2,203から
(2019/9/20 09:41時点)

ハンズフリー通話は違法なのか違法ではないのか。

それについては色んな意見が有るようだけど、画面を見ずに手で操作せずに周囲の音がちゃんと聞こえていたらオッケーとされている。
携帯電話の保持や操作、携帯画面やナビ画面の注視は禁止。
そして、周囲の音が聞こえなくなるのもNG。
つまり、携帯電話を手で持ってスピーカーで通話したり、ホルダーに挿した携帯電話の画面を見ながら通話したり、或いは外の声が聞こえないようなヘッドホンしての通話はダメって事。
それ以外なら....ん、まぁ判断はお任せする。

↑のような周囲の音がちゃんと聞こえる片耳イヤホンはオッケー。
そしてスマホとカーオーディオをBluetoothで繋いで通話するのはオッケーとされてる。
それとて諸説有るけれど、これがダメなら事実上運転中の通話は全てギルティと成ってしまう。
ただ法律上、着信時に画面を注視したらアウトなので、どうやって電話に出るのかを考えておく必要が有る。
ハンドルにリモコン付けたり、或いは心眼を磨いて目視しなくて電話に出れるようにするとか。
『携帯電話の操作』って部分に抵触しないように、色々考えよう。

ただ、カーオーディオのスピーカーで通話するのってもは、それはそれでちょっと考え物。
別に国家機密を扱ってる訳では無いのだけど、大音量で通話するのはちょっと気が引ける。
別に聞かれて困るような話はしてないんだけど。

でも、聞かれたら困るような話してる人は、ちょっと車内での通話環境を考えた方が良いかもしれない。
先日、信号待ちで大音量で通話してる真っ最中の車の横に並んだ私は、改めてそう思った。
どんな内容か、ってのは中々書きにくいけれども、あまり大きな声では言えないような話をウーハーを効かせた高性能オーディオから轟かせるのは考え物だよねと。
ドゥンドゥン言わせながら、大きな声で話せないような事を大きな声で話すのは考え物だよねと、改めてそう思った。
こいつは大音量で何を話てるねん、と思いながら。

やっぱ、運転中は通話しない方が良さそうだ。
大して忙しい毎日送ってる訳でもないし。
まぁ、運転して無い時でもこの所本当に通話なんてしてなかったりするので、私の場合は心配しなくてもその機会もそうそう無さそうだけど。
いっそデータSIMに変えてやろうか、なんて思ってる私にはそんな心配無用かも知れ無い。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする