2018 MotoGPクラス ルーキーオブザイヤー Rd6 イタリア

 

s_100013004-2fdc2f72-09ea-4eca-bd85-a8c4c45eebf1

名前 生まれ 国籍 チーム バイク
フランコ・モルビデリ 1994年 ITA EG 0,0 Marc VDS Honda
トーマス・ルティ 1986年 SWI EG 0,0 Marc VDS Honda
中上貴晶 1992年 JPN LCR Honda IDEMITSU Honda
ザビエル・シメオン 1989年 BEL Reale Avintia Racing Ducati
ハーフィス・シャリーン 1994年 MAL Monster Yamaha Tech 3 Yamaha

今期はこの4名。
約1名ベテランの雰囲気な人も居るが、そんな細かい事は気にしないで、2018ルーキーオブザイヤーを追いかけてみよう。

 

Rd6 イタリアGPまでの結果

順位  名前 1.カタール 2.アルゼンチン 3.アメリカ 4.スペイン 5.フランス 6.イタリア 合計 総合ランキング
1 ハーフィス・シャリーン 14位(2pt) 9位(7pt) 16位(0pt) 12位(4pt) 12位(4pt)  13pt 16位
2 フランコ・モルビデリ 12位(4pt) 14位(2pt) 21位(0pt) 9位(7pt) 13位(3pt) 15位(1pt)  17pt 17位
3 中上貴晶 17位(0tp) 13位(3pt) 14位(2pt) 12位(4pt) 15位(1pt) 18位(0pt)  10pt 19位
トーマス・ルティ 16位(0pt) 17位(0pt) 18位(0pt) 16位(0pt)  0pt
ザビエル・シメオン 21位(0pt) 21位(0pt) 20位(0pt) 17位(0pt) 18位(0pt) 17位(0pt)  0pt

ロレンソのまさかの優勝により、移籍状況が少々混沌とし始めたイタリアGP。
マルケスの転倒に熾烈な3位争いと、そんな激しい上位陣を尻目に、淡々と繰り広げられるルーキータイトル争い。

初のFP2に進出したモルビデリは、決勝では後方に飲み込まれて苦しい展開。
シャリーンに先を行かれ、同ポイントながら高順位(12位)の数が多いシャリーンが総合で上回る事に。

我らが中上君は1周目にペドロサと絡んで転倒。
どうにかピットに帰り着いて、補修後にコースインを果たす。
ポイントは得られないが、この経験はきっと次に生かされる、筈。

未だノーポイントのルティさんは何時ものように転倒リタイヤ。
安定のザビエルさんは、今回も一人安定の17位。
唯一転倒後再スタートしたマルケスに抜かれた男として記録に残る事に。

今回は残念な結果に終わった我らが中上君の巻き返しは見られるか?
そして、シャリーンとモルビデリは?
ルティさんはゴールを迎える事が、そしてザビエルさんは....安定の展開か?

二週間後のカタルーニアを見逃すな!

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする