2019 Sepang MotoGP Shakedown test  3日目

 

2019年一発目のMotoGPのテストは、このセパンでのシェイクダウンテスト。

参加可能なレギュラーライダーは優遇措置の有るアプリリアとKTM。
スズキは昨年の成績でその枠から外れたのでテストライダーしか参加は出来ない。
したがってスズキは他のメーカーと同じくテストライダーが参加。

 

3日目のトップタイムはアプリリアのアレイシ・エスパルガロ。
タイムは2’00.500。

続く2番手は、前日トップだったポル・エスパルガロ。
何時も仲良し兄弟は、この日も仲良く1位と2位。
タイムは2’00.666。

一方、未だトンネルから抜け出せないザルコは、ピッロに続く4番手。
タイムはエスパルお兄ちゃんから遅れる事0.9秒の2’01.401。
未だトンネルは続いてる模様。
本当に抜けれるのかどうかさえも解らない長い長いトンネルは続く。

なお、アプリリアに移籍したイアンノーネは、歯の感染症(詳細不明)により欠場。
虫歯なのか歯周病なのかそれ以外なのか。
ともかく公式テストには走るみたいだけど、移籍初年度のイアンノーネに取っては折角のチャンスを生かせなかったのがちょっと痛い。
歯も痛いしアッチもコッチもちと痛いな。

次は、2月6日(水曜日)から、このセパンでの公式テスト。
ザルコのトンネルから抜けれる事を祈りたい。
祈りたい...
ん、どうだろうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする