スポンサーリンク

おいらが叩くと...

先日、生まれて初めてドラムを叩く機会があった。

ヤマハ 電子ドラムセット ドラム椅子・ペダルセット付属 DTX562KFS

新品価格
¥142,344から
(2019/3/7 15:07時点)

こんな奴↑
お知り合いのお宅に導入された電子ドラム。

安いのから高いのまで色々有るけれど、残念ながら私にはドラムの見分けなんて良く解らないので詳しい事は解らない。

住宅街では必然的に電子ドラムに成るのだろう
アコースティックドラムは流石に叩けないからね。
嵐を呼べるかどうかは知らないが、近所の苦情は猛烈に呼び寄せそうだ。
場合によっちゃ町会長まで呼んでしまう始末。

だから住宅街では必然的に電子ドラムに成るのだろうと思う。
木魚よりも音は小さいから住宅街でもまぁまぁ大丈夫。
絶対、とは言い切れないけれど。

 

 

買ったのはそのお知り合いのお宅の息子君。
正確には買ったのはお母さんなんだけど、音楽に慣れ親しむ事は教育上望ましいとの事で、仕方ないかと買ってあげたらしい。
あら、なんて素敵なお母さん。

女の子にモテたいから

と言う純粋な理由で始めたドラム。
ドラム始めたからとモテモテに成るかは解らないけれど、まぁバイクに乗るよりはまだ可能性は高いような気はする。
ん、バイクは....

モテモテ計画=プロジェクトM2を成功させるにはともかく格好良くドラムを叩く事が重要だ。
学校のドラムセットでの練習に限界を感じた若者は、念願の電子ドラムを手に入れて以来、日々ポコポコ言わせながら練習してるらしい。
お母さんも、教育は間違ってなかったと幸せそうだ。
本人とお母さんとでは向いてる方向がちょっと違う気もするけれど、まぁ楽しそうだから何よりだ。

 

 

で、その息子君に教えてもらいながらちょいと叩かせて貰ったのだが、改めて再認識させられた。
やっぱ楽器には向いて無いわと。
生まれて初めてドラムを叩く人間が、リンゴ・スターや野村よっちゃんみたいに叩ける訳は無いんだけど。

ちなみに、お母さんもドラムは叩けないらしい。
息子が学校行ってる間に密かに練習したらしいが、両手ならまだしも足(バスドラム)が加わるともうお手上げ。
足はお手上げ。
略してお足上げ。

本人曰く、車の運転免許もMTからATに途中で切り替えたらしいので、ドラムも足使うのは難しいとか。
あっちもこっちも同時に操作出来ないわって。

確かに両手と両足を駆使するってのは、出来ない人間からしたから尋常じゃ無い話しな訳だ。
今時は必ずしもそうとも言い切れないが、バイクのコーナー入り口でのブレーキングにしても同じ。
皆様普通にやってると思うけれど、アレって説明するのは中々難しいくらい。

右手と右足でブレーキ掛けながら、右手でスロットルを一瞬ちょい開けしながら、左手でクラッチをチョイっと当てながら、左足でシフトダウンする。
場合によっては3回も4回もコレを連続して。
と、概ねこんな感じ。

バイク乗ってない人や、普段シフトダウンなんて止まってからしかしない人に取っては訳の解らない動作だけど、少なくともサーキットを走る人ならきっと誰しも行う、或いは行ってた動作だ。
今時はシフトダウン側もクイックシフターが当たり前なご時勢なので、シフトダウンでブリンブリンさせるのは既に過去の話しなのかも知れないけれども。

ちなみに、車のMT免許も持っててシフトダウンも出来るけれど、ドラムは右手だけで一杯一杯だったりする。
足はおろか、左手を使うレベルにすら達してない。
ジャブも右パンチも左パンチも、ボディもボディもチンさえも撃てやしない。
木魚に毛が生えたレベルのドラミングでは嵐も台風もシャークネードも呼べやしない。

太鼓の達人すらした事の無い私にはちょい敷居が高すぎた模様。
もうノックアウトですわ。

ヤマハ 電子ドラムセット ドラム椅子・ペダルセット付属 DTX562KFS

新品価格
¥142,344から
(2019/3/7 15:07時点)

ちなみに、コレって送料無料で送ってくれるらしい。
流石アマゾン、凄いね。
運送屋さんは大変そうだけど。

ただ

Amazon.co.jpが販売・発送する場合、こちらの商品はお客様都合による返品をお受けできません。

イメージと違う、お部屋に入らない、注文間違いなども返品の対象外となりますので搬入経路や設置場所の寸法を事前によくご確認ください。

と言う事なので荒井 注の悲劇を起こさないように玄関サイズをちゃんと測ろう。
またえらい古い話しで大変申し訳無いのだけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする