スポンサーリンク

バウティスタは手が着けれない

 

 

タイラウンド レース1結果

1 A. BAUTISTA ARUBA.IT Racing Ducati Ducati Panigale V4 R
2 J. REA Kawasaki Racing Team WorldSBK Kawasaki ZX-10RR
3 A. LOWES Pata Yamaha WorldSBK Team Yamaha YZF R1
4 M. VAN DER MARK Pata Yamaha WorldSBK Team Yamaha YZF R1
5 L. HASLAM Kawasaki Racing Team WorldSBK Kawasaki ZX-10RR
6 M. MELANDRI
GRT Yamaha WorldSBK Yamaha YZF R1
7 S. CORTESE GRT Yamaha WorldSBK Yamaha YZF R1
8 M. RINALDI
BARNI Racing Team Ducati Panigale V4 R
9 T. SYKES BMW Motorrad WorldSBK Team BMW S1000 RR
10 T. RAZGATLIOGLU
Turkish Puccetti Racing Kawasaki ZX-10RR
15 C. DAVIES ARUBA.IT Racing Ducati Ducati Panigale V4 R

 

 

SBKタイラウンド。
初日から絶好調が止まらないバウティスタがレース1優勝。

1周目の1コーナー、ちょい膨らんで一時は3位まで後退したものの、中盤にはあっさりと抜き返してそのまま優勝。
途中、MotoGP屈指のクラッシュランカーの底力を見せつけんばかりに特に訳も無くクラッシュしかけたが、絶好調のバウティスタは何ら動じる事無く終わってみればぶっちぎり優勝。
特にドラマも無く、危なげも無く淡々と優勝。
テレビにもあんまり映らないレベルで。

2018年クラッシュランキング  2012  2013  2014  2015 2016  2017  2...

ボッコボコにバイクを壊してたのなんて今や昔の話だよ。

ライダーの差も有りそうだけど、Panigale V4 RとZX-10RRとではパワー差が有りすぎる雰囲気なので、ゴマメルールの見直しも有りそう。

そんなぶっちぎり勝利。
ちょっと手が着けられなく成って来たね。
早急なゴマメルール改定が求められる。

ハスラムとメランドリは激しいバトルを繰り広げ、それぞれ5位と6位。
インディペンデンチチームながら、コルテセと同様にGRT Yamahaはかなり速い。
特にメランドリは、今年はあんまりクネクネしてないのが速さに繋がってるような感じ。
クネっても速いがクネらなくても速い。
これで扱いがもうちょっと良ければ言う事無いんだけど。

一方、苦悩のデイビスはまさかの転倒で15位フィニッシュ。
嗚呼....

明日のショートレース、10周で戦われるスーパーポールレースへと続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする