ええい、ニューハヤブサはまだか

GSX1300R 隼 ハヤブサ(スズキ/2014 国内仕様) バイク試乗インプレ・レビュー SUZUKI GSX1300R HAYABUSA (2014) TEST RIDE

新型はターボが付くとか付かないとか。
新型はスーパーチャージャーに成るとか成らないとか。
新型はセミATに成るとか成らないとか。

出る。
きっと出る。
それは確実と言われているけれど、肝心のその中身はいまいちハッキリ見えてこない現状。
どうせ買わないんだからどうでもイイじゃんか、と思われるかも知れないが、実は意外とそうでもなかったりする。
買わない事に違いは無いのだけども、それが意外とね。


実は、と言うか何度も書いてるけれど私はハヤブサに乗っている。
どんなハヤブサか?ってのは、ここで載せるのは控えておくけれども。

ってのも、バイクって結構目立ってしまうんだ、これが。
例えばこのブログに顔や本名や尻の穴を晒した所で、街歩いてて指差される事は無い。
月間100億ページビューも有れば話は別だが、このブログのように細々やってる所で顔を出した所でどうと言う話では無い。

目が3つ有るとか、腕が4本生えてるとか、鶴みたいな帽子被った爺さんとキョンシー連れたハゲとか、そんな特徴的な人間ならいざしらず、普通の人間なのでこの場で顔を出した所でどうと言う事は無い。
顔を出した所で、三宮を歩いてる時に顔バレして声掛けられるなんて事はまず有りえないのだから。
出さないけど。

でも、バイクってこれがとても目立ってしまう。
兵庫県南部でハヤブサに乗ってる奥様ってかなり希少な部類に入るので、それをこの場で公開するのはちょっとしたリスクを抱えてしまう。
しかも私の乗ってるのは若干特徴的な部分も有るので、そんなの公開するのはちょいリスクが高い。
ドノーマルのセローなら目立たないけれど、流石に特徴を公開したハヤブサでバイクセブン伊丹店に行くのはリスクが高い。
尾行されて庭にミントでも植えられたら困ってしまうので止めておく。

そんな事は有るのか?
バイクの写真を載せただけでそんな事って?

って思われる方も居るかも知れないが、今現在付き合い有る人の何人かは私がRGVガンマのウエブサイトやってた頃にガンマに乗ってレーシングワールド伊丹店へ行った際に知り合った人で有り、最近は余り顔合わせてないけれど良く一緒にモトクロスに行ってた人は私がYZ250Fに乗ってモトクロス日記を書いてた頃に知り合った人で、先週も一緒にカレー屋に行ったZZR1400の人は元々このブログをご贔屓にして頂いてた人で、そして歩いて直ぐの近所に住んでるしょっちゅう顔を合わせるカタナの人も元はこのブログのお客さんだったりする。

世の中って意外と狭いモノなので、必要以上にベラベラと個人情報を垂れ流さない方が良いとは思う。
甚だしく手遅れな気がしないでも無いけれど。
ん、とっくに手遅れなきが....なんとなく。

そんな訳で私のハヤブサはどんなハヤブサなのかっては、少なくとも手放すまでは公開する予定は無いのだけど、その手放すかもねって時が刻々と迫ってきてる訳なのだ。
ハヤブサとの別れの時が刻々と。

そもそもこのハヤブサ、元は私の友人の乗ってたハヤブサ。
新車で買ってそれは大事に乗ってたのだが、暫くの海外勤務が決まったので、車やバイクを手放す事に成ったのだ。

車は普通にポンっと売ったのだけど、問題はハヤブサ。
この上なくこのハヤブサが気に入ってる彼は、出来れば手元に置いておきたかった。
だが、現実的にこんな巨漢を保管しておくのは困難だ。
ウチのガレージには入らない事は無いけれど、何年もこんなデカい子に居座られたらちょっと困ってしまう。

だからもう処分するしか無いかな、って話しに成ってたのだが、問題は海外勤務を終えて再び日本に住む時に成って、ハヤブサを再び入手出来るだろうか?って事。

まぁ、ハヤブサなんて山ほど売れたバイクなので幾らでも中古で手に入るのだろうけど、綿棒と爪楊枝を駆使して外装のお手入れをしてる、このクオリティのハヤブサと成るとちょっと難しい。
程度はピンキリなんだけど、新車で買って苦楽を共にしてきたハヤブサでは無い、別のハヤブサで辛抱するしか手は無いのは当然な事。
自分がバイク王に売ったハヤブサを再び買い戻す事など不可能なのだから。

んじゃぁ、私が買ってあげよう。
帰国して、乗りたければ買い戻せばイイし、別のに乗りたいなら別のを買えばイイ。
それまで大事に面倒見ておいてあげるからその時に成ったら決めたらイイじゃない。

なんて話しをして、私が買い取って名義変更したのは随分と前の事。
まぁ帰って来た頃には、ニューハヤブサが出てるだろうからきっとそっち買うんだろうな、なんて話しをしてたのも随分と前の事。
その頃には、ニューハヤブサは流石に出てるだろうしねって。

いやぁ....まさか本当に帰ってくるまでニューハヤブサは欠片も出てこないとは夢にも思わなかったわ。
驚いた。

と言う訳で、何かとマイペースなスズキが今回もニューハヤブサをテンポ良く出してくれなかったので、どうやらハヤブサさんは手放す事に成りそうな雰囲気。
結構気に入ってたんだけど、元鞘は自然な形なんだろうね。

ほぼその形で決着が着きそうな雰囲気。
急転直下、来週にもニューハヤブサが発表されない限りそう成りそう。
ハヤブサは、私の手から元のオーナーの元へと戻る事に成りそうだ。
スズキがニューハヤブサを出さなかったが為に。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする