そうだ、耳かきを買おう

やりたくても、ついついやってしまうけれど、でもやっちゃダメって事が有る。

首をポキポキ鳴らしたりとか
肩をグリグリ押してみたりとか
布団をバシバシ叩いてみたりとか

と、ついついやってしまうけれど、でもやっちゃダメだよと言われる事が有る。
そしてコレも。

耳かき。

耳掃除は耳鼻科に行けと良く言われる。
きっとそれが最も正しい意見なんだろうとは思うけれど、でも私の耳は欲してるのだ。
耳かきでカッキカキされるのを待っているのだ。

でも残念ながら耳かきを常時携帯してる訳では無いので、出先で唐突に耳かきしたく成ったらちょっと困ってしまう。
セローにはタイヤレバーも携帯用ボンベも積んでるけれど、残念ながら耳かきは積んでない。
私がイカルス星人ならタイヤレバーと耳かきを兼用出来るかも知れないけれど、残念ながらタイヤレバーを耳に突っ込むのは難しい。
何処なら突っ込めるかは書かないけれど。

ともかくバイクに耳かきなんて積んでない。
昔のバッドマンじゃ有るまいし、そんなに気の効いた荷物は積んでない。
耳かきも、鮫撃退スプレーも残念ながら積んでない。
昔は車には積んでたけれど。
ん、昔はね

1回、高速道路を走ってる最中に助手席で耳かきしてたら想像以上に奥まで攻めてしまった事が有るので、自動車の運転中はハンドル握ってようと握ってなかろうとここ最近は耳かきは自重してる。
仕事人みたいな事に成ったら大変だから。
タコヤキみたいに脳みそひっくり返したら大変だしね。

この週末、やたら暑い中R1に乗ってる時、私はムズムズしながらモジモジしてた。
耳にハサミムシが入ったかのような、猛烈なムズムズ感にヘルメットの隙間から指突っ込んでモジモジしてたのだ。
でもグローブしてる指ではどうにも成らない現状にヤキモキしながらもモジモジとしてたのだ。

そうだ、耳かきを買おう。

そんな事を突然思い立った私は、目的地の神戸の北野界隈をちょい通り過ぎて湊川公園へとR1を走らせた。
https://minatogawa-mart.net

目当てはコレ。
湊川公園手しごと市。

実はその昔、京都の手作り市で買った耳かきの使い心地が抜群だった、って思い出が有る。
何て事の無い単なる竹製のスプーン型の耳かきなんだけど、何とも言えない抜群の使い心地だったのだ。
似たような形でも使い勝手ってちょっと違う物なのだ。
耳かき然り、タイヤレバー然り。

抜群の使い心地だったのだけど、何処かで失くしたのでそれ以来色々な耳かきを使ってるのだけど、やっぱりあの時の耳かきが忘れられない私は、事有る度に耳かきを探してるのだ。
手作り耳かきを。

愛用してた耳かきは別にリモコンの蓋を開けようとして折った訳では無いのだけど、何処に消えたか解らない。


ん、まぁ結局は売ってなかったんだけどね。
真に残念ながらこの日の神戸では売ってなかった。

あの耳かきは本当に私の耳に最高の耳かきだったのか?
それとも、殉職による二階級特進効果なのか?

その辺を確かめるべく、やっぱ京都の手作り市に探しに行こうかな、とか思ってる。
もうちょいテンション上がったら。
耳かきを探しに京都まで行けるテンションが湧き上がったら。

アッチの毛がチリチリに成りそうな程にこの暑い中、そんなテンションが湧き上がるかどうかは、そりゃ解らないけれども。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする