ヘレス MotoGP&SBK合同テスト 最終日

プライベートテスト~イアンノーネが2度目の最速時計

http://www.motogp.com/ja/news/2017/11/24/プライベートテスト-イアンノーネが2度目の最速時計/247468

 

 

イアンノーネの調子が良いみたい。

1日目=1位(1分38秒280)
2日目=4位(1分38秒067)
3日目=1位(1分38秒030)

順位(MotoGPクラス)については、3日目はドゥカティファクトリーとホンダサテライトが不参加、等と条件は異なるものの、それでも1番手ってのはめでたいもんだ。
レプソルホンダもヤマハファクトリーもテック3も居ない状況だと言えども1番ってのはめでたい。

2017年シーズンは、エンジン間違えちゃったとかで長期冬眠状態だったスズキ。
変なカウルが付いた終盤、リンスと共に覚醒の兆しは見えていたので、来期はホンダとヤマハとドゥカティの戦いに、もしかしたらスズキも混じってくるかも知れない。
そんなスズキファンに淡い夢を見させる、そんなヘレステスト。
いやぁ、1番ってのはめでたいもんだ。

 

ちなみにこちらが最終日のテスト結果。

実はトップはSBKのジョナサン・レイだったりする。
ごめんね、実はジョナサン・レイなんだ。

 

タイムは、2日目のドヴィさんにはちょい及ばない1分37秒986
イアンノーネの1分38秒030より随分速かったりする。

ちなみに今回37秒台に入れたのは、ドヴィチオーゾ、クラッチロー、ロレンソ、そしてジョナサン・レイの4名。
一方、37秒台には1歩届かなかったイアンノーネ。
これをどう見るかは、それぞれ意見は有ろうかとは思う。

37秒台にはちょい届かなかったけど2018年シーズン一発目のテストとしては素晴らしい結果だよ、と考えるか
或いは、まだまだだね、と考えるか
それとも、この時期の非公式のタイムなんて何も参考に成らないよ、と考えるか

意見はそれぞれ有ろうかと思う。
でもこれだけは確かだろう。

いやぁ、やっぱ1番手ってのはイイもんっすよ。
トップの成績ってのはイイもんっすよ。
って、それだけは確かでは無いかと。

 

総合で5番手。
3日目はSBKのレイに捻られて実質2番手だった事なんて、見ない振りを決め込んでおこう。
そんな事黙ってたら誰も気づかないので、知らん振りして祝杯をあげよう。

いやぁ、やっぱ1番ってイイもんっすよ!
と。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY