ザクセンリンクは難しい

Coronavirus latest: Germany extends ban on major events until August 31st

ドイツは、大規模イベント禁止を8月31日までに延長したよってニュース。

開幕戦以降延期が相次ぐMotoGP。
6月21日のザクセンリンクが今の所のMotoGP開幕戦に予定されてたが、ドイツでは上記の通り大規模イベントが8月31日まで禁止と成ったので、事実上開催は不可能。

無観客なら?
って案も有るけれど、無観客だからと言っても関係者だけでも結構な数に成っちゃうMotoGP。

自転車の草レースならライダー一人で参加、なんてのも珍しくないけれど、流石にMotoGPを一人でやる訳には行かないからね。
MotoGPクラスだけでもかなりの人数に成ってしまう。

大人数の集まるイベントを禁止、ってのは、その関係者も合わせての話なので、無観客で有ってもちょっと難しいかもねって情勢。

従って、ドイツの次戦のオランダ-アッセンが開幕戦に成りそうだけど、こちらも不透明。
なんせアッセンはドイツの翌週開催予定。
ちょっと無理か。

すると、開幕はまさかの7月12日のフィンランドと成る可能性も有る。
首都ヘルシンキを含むウーシマー郡と他地域との移動制限を、予定より4日繰り上げての解除のニュースも有ったフィンランドが開幕戦の可能性も。

ただ、都市封鎖を予定より早めての解除と言っても、別に感染症が収束した訳では無い。
フィンランドの他の地域でも罹患者が増えて、国中がどこもあんまり変わらない位に蔓延しちゃったから一部地域だけ封鎖する意味は無くなった、って絶望的な理由。

つまり、もうあかんわって....そんな感じ。

ちなみに4月15日までの統計では、国内感染者は累計3,237人、死亡者は72人となった。ヘルシンキを含むウーシマー郡では2,038人の感染者が確認されているとの事。

感染者数は日本の30%、死亡者数は日本の80%くらいだけど、人口500万人に対してこの数は決して少なく無い。
なんせ兵庫県の人口より少ない国なんだから。
あんな湖と緑に囲まれたスカスカの国でなんでこんなに蔓延するんだろうね。

さらには今年から始まる予定のフィンランド-キュミリンクは、まだ殆ど誰も走ってないサーキット。
タイヤテストもまだ行われてないので、現実的にここを開幕戦に持ってくるのはやっぱ無理だ。
ぶっつけ本番にも程が有るって話だ。

ドルナの方からは、やっぱ開幕できるのは9月頃かなぁ、って声も上がってるみたいなので、8月30日のシルバーストーン、翌9月13日のイタリア-リミニ、9月27日のアラゴン。
この辺りが開幕と成りそう。
情勢次第で、努力次第で、運が良ければ、の話として。

ちなみに本日、鈴鹿8耐の参戦チーム選定方法が発表される。
何度も書いてるように、今年は8耐トライアウトが開催出来なかったので、昨年のセパン8耐で一定の成績を収めてないチームの選定方法をどうするのか、ってのが本日発表される予定。

どうなるかはまだ解らないけれど、ただ一つ言える事は有る。
やっぱ今年やるのは無理だって。
それだけは言えそう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする