2020鈴鹿8耐情報-3

鈴鹿8耐:出場チーム選考方法が発表。参戦を希望するチームから選考委員会が選出に
 4月17日、鈴鹿サーキットは7月16~19日に開催される『2019-2020 FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会』に参加するチームの選考方法を発表した。 多くのチームが最大65チームの出場権をかけ3度のトライアウトにエントリーしていた2020年の鈴鹿8耐。トライ...

「この未曾有の危機の中、本年度の鈴鹿8耐出場チームにつきましては、過去の実績等々を鑑みまして....」

って感じに、選考委員会とやらが参戦チームを選ぶ今回の8耐。
現在正式に参戦資格を持ってるチームはこちら。

(1)シード権取得チーム

シード権は昨年8耐の決勝結果で、プレミアチームは総合最上位1チーム、チャレンジャーチームは、チャレンジャーチーム内で上位5番手までがシード権を得る。

そのシード権を持つチームがこちら。

プレミアチーム チャレンジャーチーム
Kawasaki Racing Team Suzuka 8H Honda Dream RT SAKURAI HONDA
  TONE RT SYNCEDGE 4413
  TEAM FRONTIER
  Zaif NCXX RACING & ZENKOUKAI
  Honda Suzuka Racing Team

プレミアチームとチャレンジャーチームに関しては↓

この前にちょろっと書いた8耐と出場枠についての話をもう少し詳しく。 鈴鹿8耐の出場枠 出場枠は以下の通り。 (1)シード権取得チー...

こちらをどうぞ。

(2)トライアウト通過チーム

トライアウトとは参戦資格を得る為のレース。
試験と言っても差し支えないかと。

このレースで規定の成績を修めたチームは鈴鹿8耐に参戦が許可される。
それがトライアウト。

12月14日 セパン8時間耐久レース セパン 上位20チームから選出
4月5日 全日本ロードレース選手権シリーズ  第1戦 鈴鹿2&4 鈴鹿サーキット 上位10チーム
5月17日 鈴鹿サンデーロードレース 鈴鹿サーキット  

鈴鹿2&4中止による代替開催

4月26日 全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦 ツインリンクもてぎ 上位10チーム

セパン8時間耐久レースは、昨年モルビデリが走ったあのレース。
20位以内に入ると鈴鹿8耐への参戦権が得られるので、日本からも多くのチームが頑張って参戦した。

頑張ってセパンに参戦して鈴鹿への参戦権を獲得したチームはこの12チーム

Honda Asia-Dream Racing withSHOWA
Yamaha Sepang Racing
BMW Sepang Racing
TEAM PLUSONE
TONE RT SYNCEDGE4413 BMW
Team Kodama
KRP SANYOKOUGYOU & will raise RS-ITOH
TEAM HANSHIN RIDING SCHOOL
T.MOTOKIDS icu Takada I.W NAC SANYO
TransMapRacing with ACE CAFÉ
Yamashina Kawasaki KEN Racing & Auto Race UBE
TEAM SUGAI RACING JAPAN

8耐でお馴染みの名前がずらりと。
頑張った甲斐が有り早々と参戦権を獲得出来たので、余裕を持った準備が可能な筈だった。
筈だったのに。

以上、上記の参戦資格を持つチームと、EWC(世界耐久選手権)フル参戦チームを除く、29チームを選出する。
選出理由については内緒だよ、との事。

と言う訳で、ほぼほぼコピペで済ませた今回はこれにて。
ではまた。

あ....
やっぱ8耐は無理だって。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする