”個人の感想”と但し書き着けとけば大体大丈夫

 

アウディ乗ってる人間って、なんかとても横柄な運転する人間が多い。
皆じゃないけどとても多い。
ちょっとだけ高い車乗ったから、なんかちょっとだけ偉そうな気分にでも成ったのだろうか。
貧乏人が背伸びして高い車買ったから、なんか偉そうな気分にでも成ったのだろうかね。
童貞が早稲田や慶応に入った途端に偉そうにふんぞり返るのと同じく。
ああ、きっと同じなんだろうねと思う。
(個人の感想です)

さて、来期の体勢が早々と決定したヤマハ。
来期はこの二人。
バレンティーノ・ロッシ&マーヴェリック・ビニャーレス。

1979年生まれの生きるレジェンドと、1995年生まれの若者のコンビ。
1995年って言えば、ロッシのGP125デビューの前年。
息子と言っても過言では無い年の差。
ロッシの生き方から考えたら、十代半ばの頃には隠し子作ってても別に不思議では無いのだから。
(個人の感想です)

そんな年齢差のライダーのコンビ。
ビニャーレスからしたら、憧れの神とのコンビには、エスパル兄ちゃんとはちょっと違う感情も芽生える事だろう。
まぁ格が違う物ね。
残念だけど。
(個人の感想です)

ロッシからしても、ナマイキなチュッパチャップ野郎とは違い、可愛い坊やなビニャーレスに対してはまた違う感情も芽生える事だろう。
(個人の感想です)

0531rossi

来期は同じ柄の青いスーツを着る二人。
きっと、心にも物理的にも壁作ったりなんかせずに、良好な関係が保たれるんじゃ無いかと思う。
ビニャーレスが忠実な子分で居る限りは。

でも、一度パワーバランスが崩れたら、きっと揉めるだろうなぁって思う。
唯一神ロッシ様による心理攻撃が始まるんだろうなと。
(個人の感想です)

若者が自分を追い抜いていく姿を目を細くして見守るタイプでは無いし、そもそもファクトリーライダーがそれじゃ適正に欠けると言わざるを得ない。
だからきっと、ビニャーレスがロッシの前に立ち続ける状況と成ったら、手を変え品を変え、場外攻撃をしかけてまたグズグズになるんだろうなと思う。
オレの前に立つ事は絶対に許さないんだから!と言わんばかりに。
(個人の感想です)

何年も噂が流れてたのだけど、遂に実現したのがロレンソのドゥカティ移籍。

『キャリアをヤマハで終えたいよ』

と、心にも無い事を口走ってたロレンソの移籍。
全く、この子はお口をちょっとつねってやりたい気分だ。
(個人の感想です)

現在のGP最速のマシンを手に入れる事と成るロレンソの判断。
吉と出るのか或いは....

現在のコーナリングのスキルに、ドゥカティの加速と最高速がガッチリと組み合わさればハッキリ言って手が着けられない。
コーナーでは強いがストレートでは弱い、そんな現在のロレンソ+YZRM1のウィークポイントが潰れたら、ロレンソを止めれる人間なんて居なくなる。
仮に来期のホンダが今までの加速を取り戻したとしても、ドゥカティのそれには正直追いつかないのが現実なのだから。
(世界の常識です)

だが、ドゥカティのマシンはヤマハのように曲がらないのは自明な事。
このマシンを今までのように綺麗に曲げる事が出来るのかどうなのか。
ロレンソの賭けの成否はそこに、その一点に掛かっている。

でも思うに、いまいちしっくり来ないんじゃないかと、なんとなくそう思う。
(個人の感想です)

何このクソバイク?
直線ばっかで全然曲がらねぇでやんの。
なにこれ?

本来、メーカーに対して決して逆らっちゃならない鉄の掟で縛られた立場でも、何も遠慮無くそんな事を言ってのける未来が見えそうだ。
(個人の感想です)

メーカー批判?マシン批判?
本当の事行って何が悪いっての??

なんて、涼しい顔しながら文句ブーブー言ってそうだ。
(個人の感想です)

そのドゥカティから切り離されたイアンノーネの行き先はスズキ。
ビニャーレスの抜けた所にスポっと軟着陸。

未知数だ。
ハッキリ言って、スズキとイアンノーネの組み合わせは全くの未知数。
相性が合いそうかどうかさえ良く解らない。

ただ....

何だよこのポンコツ?
全然走らねぇよ。
チンタラチンタラ、Moto2か?このクソ遅いバイクは?

なんて感想を持ってしまうかも知れない。
最速のドゥカティから、直線では数段遅いスズキに乗り換えたら、多分そんな感想を持ってしまうかも知れない。
流石に公言はしないだろうけど。
人相風体は凄く怪しいけど空気は読む男だから。
(個人の感想です)

来期のイアンノーネは、加速と直線の遅さにブーブー言ってそうだ。
ロレンソもコーナリングの悩みを抱え、ブーブー言ってそうだ。
そして、ビニャーレスがガンガン実力を伸ばしたらロッシもネチネチ言ってそうだ。
そしてバイクが一向に改善しないペドロサは殻に閉じこもる。
ビニャーレスとマルケスは特に関せず淡々としてそうだけど。

落ち着いてるのはドヴィさんだけ。
成績も中途半端な所で落ち着いてるだろうけどもね。
(個人の感想です)

今年のGPも全然行方が解らない状態なのに、来期の話するのも違う気がするけども、ともかく大移動を果たした来期のGPも楽しみだ。
イメージとは違い、思い通りに行かなくてブーブー言いながら懸命に戦うその姿がとても楽しみだ。
(個人の感想です)

と言うか、エスパル兄ちゃんはどうなるんだろう。
それが一番心配だ。
(本当に心配です)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする