スポンサーリンク

ニンジャの境界

 

ニンジャ。
GPZ900Rを製造していた北米工場での作業員が着けた愛称をその起源とする。
とかって話を聞いた事有るけど実際にはどうなんだろう。
特にニンジャに傾倒して生きてる訳では無いので良く解らない。

ニンジャって何だ?
そりゃ勿論GPZ900Rだろう。
それしか無いだろう。
って、それしか無いだろう。

そう声高に叫ぶのは、あ、別に叫んじゃ居ないけど、話の展開上そう言うことにしておくが、ともかくそう叫んでるのはニンジャ=GPZ900Rに傾倒して、否、没頭して生きてる人。
改造し過ぎて勿体無くて乗れなく成ったド盆栽GPZ900RのセカンドバイクにGPZ900Rを買う人。
要するに変な人だ。

その人は語る。
声高に語る。
ニンジャはGPZ900Rだろうと、語る。
ニンジャ原理主義者は熱く語る。

そんな彼の良く行くお店(エッチな店では無い)の女性店員は、つい最近ニンジャに乗ってる事が発覚したのだ。
店(エッチな店では無い)の横に何時も停められてるバイクは誰のだろうと思ってたら、どうやらこの女性店員の物だと発覚したのだ。

5030ninja

ニンジャ250SL。

もはや、ニンジャのバーゲンセールだぜ!な勢いの、ニンジャ一族の末弟。
もはやカワサキでフルカウルなら何だってニンジャな今の時代が産み落とした単気筒のニンジャ。

カウルが無きゃZなのと一緒
カウルが有ったらみんなニンジャ。
解り易いっちゃ解り易い。
現行Z125に、もしカウルが着いたらニンジャ125に成るのは良そうに容易い。

でも、流石に125ccをニンジャと呼ぶのは少々の違和感を感じずには居れない。
0530masuo ←こいつをトラウトマンと呼ぶ位に違和感を感じずには居れない。

このバイク、ニンジャ250SLについて、否定的な意見を持ってる人も居るだろうと思う。
そもそもの存在理由について否定的な意見も有るだろう。
なんでこんなの作ったの??って。
まぁ、作るのは世界マーケットを見据えての事だから良いとし、なんで日本国内に投入したか?って事だ。
Z1000もZ800もVersys もスクーター(キムコのOEM)もバルカンSも日本投入しないのに、なんで同じようなバイクを二種類もって。

なお、ヨーロッパ市場では、二気筒はニンジャ300、単気筒はニンジャ250SLと一応の棲み分けが成されてる。
これとて不要だとは思うけど、排気量は50cc違うので話としてはまだ解らなくも無い。
まだ一応、何となくは。

同じエンジン使って見た目の違う別のバイクを作るのは大いに理解出来るけど、違うエンジン使って同じような見た目の同じ排気量のバイク作るなんて正気じゃ考えられない。
なんで棲み分けしなかったんだろう。
スズキのGSR250とGSXR250(ヤングマシン情報)くらい、或いはYBRとMT-25くらいに棲み分けすれば十分にその存在理由は解るのだけども、なんで同じような形のバイクで二気筒と単気筒を出すんだろうって思う。
これで片方がイモ臭いバイクなら良かったんだけど、どっちのニンジャもどっちのZも随分格好イイのが困った点だ。
フルカウルでも、そしてそのネイキッド版でもどっちも随分格好悪かった某社の某ウサギちゃん&某毒蛇バイクとはまた違う困った悩み。

きっと、どこかの誰かの声が届いて単気筒ニンジャの国内投入が決まったんだろうけど、是非ともそのリソースをオフ車にもちょっとお裾分けしてあげて欲しいなと切に願う。
もっとも、ニンジャSLのエンジンを新型のKLXに積めよって、そう単純に話は片付かないんだけどもね。
私個人的には、もっと簡単にやっちゃってくれて結構なんだけど。
選択肢が無いよりは全然マシなのだから。
一時のミドルクラス大量絶滅期に比べれば、ただ有るだけで随分マシなのだから。

それはともかくニンジャ20SL
邪魔臭そうな思想の人がそのバイクの存在を認めてようと認めてなかろうと、それがニンジャで有る事に違いは無い。
単気筒だけどニンジャはニンジャ。
サイドカムチェーンだし。
単気筒だから当たり前だけど。

ん?
何言ってんだ?
ニンジャ250SLは勿論ニンジャだろ?
当たり前じゃないか、だってニンジャって書いてんだから。

ニンジャ原理主義者は語る。
この前と随分異なる意見をしれっと語る。

おじさんは軌道を修正する。
若い娘に対しては、容易く軌道を修正する。

下心なんかじゃ無い。
多分、DNAに刻み付けられた本能なのだろうと思う。
若い娘に日和った所で何かイイ事有ると期待してる訳では無いだろう。
ただの本能だ。
止めようも無い本能の成せる業なのだろう。

だからニンジャ原理主義者とて、おじさんのDNAには逆らえず、ニンジャの境界を大きく広げるのだ。
DNAに刻み付けられた本能により、その領域を、境界を大きく広げるのだった。

ただしGPZ1100は除く。
一体1100に何の恨みが有るのか知らないけど、その一線だけは譲れないらしい。
ただしGPZ1100は除く。
と。

なるほど。
言いたい事は良く解らんが、ともかく原理主義はご苦労なこったと、ただそれに関しては強く思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする