チェコGP予選

CZECH REPUBLIC MOTOGP – FULL QUALIFYING RESULTS
POS RIDER NAT TEAM TIME/DIFF LAP MAX
1 Johann Zarco FRA Reale Avintia (GP19) 1’55.687s 6/7 316k
2 Fabio Quartararo FRA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.303s 2/6 306k
3 Franco Morbidelli ITA Petronas Yamaha (YZR-M1) +0.311s 6/7 309k
4 Aleix Espargaro SPA Aprilia Gresini (RS-GP) +0.387s 3/7 312k
5 Maverick Viñales SPA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.444s 5/7 307k
6 Pol Espargaro SPA Red Bull KTM (RC16) +0.455s 2/6 315k
7 Brad Binder RSA Red Bull KTM (RC16)* +0.612s 5/6 314k
8 Danilo Petrucci ITA Ducati Team (GP20) +0.767s 5/6 315k
9 Joan Mir SPA Suzuki Ecstar (GSX-RR) +0.825s 6/7 310k
10 Valentino Rossi ITA Monster Yamaha (YZR-M1) +0.828s 6/7 308k

いやぁ。
ザルコ、良かった、本当に良かったよ、ザルコ。

同郷のクアルタラロの大活躍により存在感を無くしつつ有ったザルコ。
フランス人からしたら、アイツはスペイン人だと言われてたって話だけど、ともかく同郷のヤングライダーに押されまくってどうにも存在感が希薄だったザルコ。

さらにはジャック・ミラーのファクトリー入りに、バグナイアの躍進。
このまま忘れ去られている運命なのかと思った矢先のこのポールポジション獲得。

ここに来て遂に掴んだのか?
決勝を心待ちにしよう。
ザルコ、良かった、本当に良かったよ、ザルコ。

一方、ちょっとお怒りなのはそのザルコと昨年ペアを組んでたポル。
二人揃って非常に沸点の低いアスパラ兄弟だが、弟のポルもちょっとプンスカとお怒りモード。

https://www.motogp.com/ja/news/2020/08/08/黄色旗を確認することが不可能だった/337616

イエローフラッグを通過してラップタイムを更新したライダーは、そのタイムがキャンセルされる
ってルールが有る。

今回は破壊神様がお転びに成られて、それによりイエローフラッグが出たケース。
そのイエローフラッグをポルが通過したので、その時に出したのが最速タイムだった場合はキャンセルされって訳。
本当なら2番手タイムだったのにね。
勿論、ポルもそのルールは知ってたのだけど、フラッグをちゃんと出してないから見えなかったんだよボケとお怒り模様。
ってのも、後もう一周出来たので、フラッグさえ確認してたらもう一回タイムアタックしたのにと。
そんな感じでプンスカモード。

我らが中上君の場合は、縁石の切れた所のグリーンラインを踏んじゃったのが原因。
その時にキャンセルされたタイムは1分56.290秒。
Q2で出してたら3列目のタイムだ。

This is, not a mistake, but these are the rules. I’m really sorry for the team, but on the other hand, I tried my best. Everyone is so close to the limit, and unfortunately, I was over the limit.

国民性なのか性格なのか。

最速ラップが取り消されたので後ろの方からのスタートと成るけれど、決勝での巻き返しに期待しよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
blogrank

本日の小噺をお気に召して頂けましたらならば、↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への希望に成ります。
本日の小噺がお気に召されないならば、叱咤激励の意味を込めて↑の2つの小さなボタンをクリックして頂くと明日への励みに成ります。
結局の所、要するにクリックしてってくれたらそれだけでとても幸せなのです。
どうか宜しゅうに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする