アラゴンGP FP3

ARAGON MOTOGP, MOTORLAND – FREE PRACTICE (3) RESULTS
POSRIDERNATTEAMTIME/DIFFLAPMAX
1Franco MorbidelliITAPetronas Yamaha (YZR-M1)1’47.859s15/17334k
2Cal CrutchlowGBRLCR Honda (RC213V)+0.455s15/16346k
3Pol EspargaroSPARed Bull KTM (RC16)+0.460s16/18339k
4Joan MirSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)+0.463s14/14334k
5Alex MarquezSPARepsol Honda (RC213V)*+0.544s18/19339k
6Takaaki NakagamiJPNLCR Honda (RC213V)+0.547s11/17337k
7Alex RinsSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)+0.774s17/18342k
8Aleix EspargaroSPAAprilia Gresini (RS-GP)+0.794s15/16339k
9Miguel OliveiraPORRed Bull KTM Tech3 (RC16)+0.895s15/18337k
10Brad BinderRSARed Bull KTM (RC16)*+0.978s16/17341k

 

後半、クアルタラロがブレーキングをミスってハードクラッシュ。
タンカで運ばれ、ちょっと辛そう。
お陰でタイムアタックは出来ず大きく沈む。

同じくヤマハのビニャーレスは、コレと言って特に何も無かったものの、乱高下病をここで発症して1秒以上もタイムを落とす。
決勝で発症するよりはまだマシだと、ポジティブに思っておこう。
一度発症したらもう罹患しない筈だから。
多分。

 

RIDERS DIRECTLY TO QUALIFYING 2 – TOP 10 COMBINED PRACTICE TIMES
POSRIDERNATTEAM
1Maverick VinalesESPMonster Yamaha (YZR-M1)
2Franco MorbidelliITAPetronas Yamaha (YZR-M1)
3Fabio QuartararoFRAPetronas Yamaha (YZR-M1)
4Cal CrutchlowGBRLCR Honda (RC213V)
5Pol EspargaroESPRed Bull KTM Factory (RC16)
6Joan MirSPASuzuki Ecstar (GSX-RR)
7Alex MarquezESPRepsol Honda (RC213V)*
8Takaaki NakagamiJPNLCR Honda (RC213V)
9Alex RinsESPSuzuki Ecstar (GSX-RR)
10Aleix EspargaroESPFactory Aprilia Gresini (RS-GP)

 

クラッシュしたクアルタラロと乱高下病を発症したビニャーレスは、FP2での大きな貯金が功を奏してQ2残留。

ホンダ勢は今回好調で、クラッチローがFP3で2番手、コンビネーションでも4番手と気合十分。
中上君は今回も好調を維持。
そして前回のフランスで何かを掴んだアレックス・マルケスも7番手と初のQ2進出を決める。
そろそろお兄ちゃんマルケスも復活しそうな、そんなホンダは中々にイイ感じだ。

一方、軒並み沈没したドゥカティ勢は、ドヴィさんが健闘したものの結果は13番手とスマンかった。
前回優勝したペトルッチは、もう全て満足したかのように満ち足りた顔で沈没丸。
この2連戦、ドゥカティはちょっと試練かもね。
やっぱりドヴィさんはタイトルに手が届かない運命なのか。
マルクが居ても、居なくても。

 

Q1は21:50~
好調のヤマハ勢においてはクアルタラロの状態は解らないけれど、今回はホンダも調子良いのでお楽しみにって事で。

 

MOTOR CYCLE

Posted by TOMMY